カウンセラー養成講座・2017年12月生・修了

カウンセラー養成講座

2018.06.05

カウンセラー養成講座・2017年12月生は、新宿3クラス、横浜校1クラスで開講し、先週・今週で、全てのクラスが修了します。

「早いもので6カ月たったんですね。」
と、いつも卒業生の方と話していますが、6か月前よりもメンタルを強くした分、6カ月間でずいぶんエネルギッシュに輝きを増しています。

誰もがセルフケアに活用しながら、独立開業を目指しHP制作に取り掛かっている方や、今の仕事に活かしている方など、学びの活用は様々です。



修了生の声の一部をご紹介いたします。
1.T.K
日々のストレスの対処についてただ悩むのではなく、それを自分で改善できるようになれば、と考え学び初めました。

今では、日々のストレス的な出来事に対して抱いていた考えを別の角度から眺めることができるようになってきました。
今後は、毎日の自分の生活の中でのストレスに対して考えを変える様にしたい。
また、カウンセラー業務の仕事もしていき、生活の中でストレスを抱えている人のストレス軽減に協力していきたいと考えています。

2.Y.A
学びのきっけは、おばさん(母の姉)が人間関係に悩み、精神障害者になったことから、周りが関わり方をしていたらまた違ったのかなと考えたことです。

学びは、まずは、自分に活用し、何かストレスになった時に、これは自分のことだと考えられるようになりました。
そのため、周りのせいにしたり、もっとこうだったら、と考えることが減りました。
その時々、状況によっても感情が違う、変わると思えることで気持ちが楽になることが多くなりました
今後は、女性に特化した悩みの対処に活用していきたいと考えています。

3.H.Y
脳の病気になっった時に出会った先生が心のケアをしてくださいまして、ずいぶん救われました。

その先生の勧めで、ハートフルライフカウンセラー学院で学ぶことになりました。
心理学を学ぶことにより心が安らぎ、認知行動療法をマスターすることにより、自分や周囲を柔軟に受け入れられるようになっています。

4.W.K
占いなどの勉強をしていく中で、相手とのやり取りや実践が必要と感じたり、資格の必要性を感じたことが、学ぶきっかけでした。

ハートフルライフカウンセラー学院で学び、考えと感情の区別を意識するようになり相談にのるときの話の聞き方や受け方を常に意識できるようになりました。
また、セルフケアでは自分が悩んだ時に、客観的に事柄として見られるように、少しできるようになれたと思います。
。今後、セラピーなど人に対するときに、取り入れていきたいと考えています。

5.W.K
自分の悩み苦しみを克服した経験を、ほかの人の役に立てたいと思い、学びました。
人は自分とは違う考えを持っているものなんだ、と理解できた。
開業して、はじめはメールカウンセリングを中心にやっていきたいと考えいます。

6.M.U
10
代のころ、鬱状態になり色々考えてきました。

自分なりに本を買ったりもし、クリニックに通いながら生きてきました。
人生に明るい光が見えてきた分、この経験を他の人の為にも活かせないかと、癒しの学びを始めることにし、ハートフルライフカウンセラー学院を入学を決めました。
ヤモヤと考えて落ち込みやすかったのですが、リフレーミングをするように心がけ、自分を罰する気持ちが減りつつあります。
今後は、カウンセリングルームで週2~3回、働き、今の仕事と調整を図りながら人に伝えていきたいです。

B.T
自分自身悩んだ時、また友人が悩んだり迷ったりしている時に何が力になれるかと思ったのと、以前から心理学に関心があったので学ぶ事にしました。
ふだんでは実践できないことができて、日常に役立っています。
今後は、セルフケアはもちろんのこと、友人にも活用していきたいと考えています。

*******

カウンセラー養成講座
http://www.heartfullife.jp/counselor/
btn_application_on

*******

スクール説明会
http://www.heartfullife.jp/school/

btn_session_on

 

 

«

»