認知療法で「考えは変えられる」を学ぶ

2015.11.21

カウンセラー養成講座 10月生土曜日クラス6回目では、行動療法、論理療法、認知療法、認知行動療法を学んでいただきました。

認知療法では、同じ出来事に遭遇しても、その人の考えや信念によって出て来る感情が違う、と捉えます。

例えば

「仕事では、成果をあげなければならない」

という信念で苦しむのならば

「成果をあげるに越した事はないが、自分なりに頑張ればいい」

と宣言して自分に言い聞かせてみる。

このように、自分の思い込み(非論理的な信念)に気づき、変えて行く事が出来れば、出て来る感情も変わっていきます。


授業では、日常生活で発生するストレスの出来事を事例にしながら、活用しながら学んでいただいております。

ストレスを抱えている方、メンタルを強くしたい方、学んを始めてみませんか




PAGE TOP