パニック障害 【きょうのココロワード】

2014.06.03

こんにちは、講師の石山ですあじさいあじさい

本日の授業をご受講戴きました、
2月生火曜日・13時‐15時クラスの皆様、
お疲れ様でございました。

本日の授業で学んで戴きました
【心の病気】の中でも、
今日はパニック障害について、
お伝えしたいと思います。

パニック障害は、
何らかのきっかけで
死んでしまうのではないか
というような不安・恐怖感に苛まれ、
眩暈や吐き気、動悸などの身体の症状が起こります爆弾

ある、身体の症状に対して不安を感じると、
そのことで頭がいっぱいになり、
身体の症状にますます敏感になり、
また不安が高まり発作に至る、
ということを繰り返すことがあります。

ストレスが原因となっていることも考えられますので、
自律訓練法呼吸法など、授業で身に着けて戴いた実践で、
ストレス対処をしてみて戴くのも有効です。

そしてより有効なのは認知行動療法です。

パニック障害をお持ちの方は、
出来事に対して、悪い方向へ偏って考えます
例えば、
「電車に乗ると、また発作が起こるに違いないビックリマークガーン
「発作を起こして、周りに迷惑をかけるに違いないビックリマークガーン」などです。

このような、偏った考え方に気づき

自分を楽にする新たな考えを導きだし、

パニック発作が起こるかもしれないという、
不安や恐怖のために出来なくなっていたこと…,

例えば
電車に乗るなどの不適応な行動を適応的にしていく

 

…これが認知行動療法です。

パニック障害を初め、多くの心の病気にお悩みの方も、
ラブラブハートフルライフカウンセラー学院ラブラブ
学んで戴いておりますので、
ともに頑張って参りましょう。

 


PAGE TOP