標準化されたテスト 【きょうのココロワード】

2014.07.16

こんにちは、講師の石山です。

本日の授業をご受講戴きました、
6月生水曜日・11時‐13時クラスの皆様、
お疲れ様でございましたブーケ1パンダブーケ1

今日は『心理アセスメント』ということで、
様々な心理テストについて、
学んで戴きましたが、いかがでしたかはてなマーク

種類留意点も併せて、知識を深めて戴けたかと思います。

心理テストの実施に当たって大切な【標準化されたテスト】について、
お伝えしようと思います。

心理テスト標準化は、

①検査仕様の確定クリップ

②検査項目の作成レンチ

予備テストメモ

予備テストによって、得られた結果から、最初のテスト項目分析サーチ

本テスト項目の選択レンチ

本テストによる集団規準の作成メモ

という手順を踏んで行われています。

そして、心理テストを作成するに当たって、
信頼性・妥当性・客観性」の3つが大切、
ということは授業でお伝えしたとおりです。

せっかく手順を踏んで作っても、
上記の3つが欠けていては、
使えるに値する心理テストになりませんから、
よくご注意下さいパー注意

具体的には
「測ろうとしている心理特性に関する、理論的な検討が出来ているかはてなマーク
項目内容と対応する項目数の配分はどうかはてなマーク
「得られた個人の検査結果が、その集団を代表するものであると解釈できるかはてなマーク
などですね。

面白おかしい心理テストも、楽しむ分には構いませんが、
心理的諸側面を理解しようとする場合には【標準化されたテスト】であるかどうか、
よく見極めて実施しましょうビックリマーク目


PAGE TOP