自動思考 【きょうのココロワード】

2014.07.15

こんにちは、講師の石山です。

本日の授業をご受講戴きました、2月生火曜日・13時‐15時クラスの皆様、
お疲れ様でございました晴れ虹

本日より、いよいよ認知行動療法の実践に取り組んで戴いたのですが、
理論的な部分をおさらいしようと思いますメモ

何らかのストレス出来事があった時、不快な感情と共に、
パッと頭に何か考えが浮かんで来ることがありますね。

この考えを、【自動思考】と言います。

この【自動思考】には、その人の『考え方のくせ・歪み』が出ます。

【自動思考】ネガティブな方に偏っていると、嫌な気持ち雨になり、
行動身体に影響を与えます雨

例えば、
「相手に挨拶をしたのに、挨拶を返してくれず、目も合わなかった」
という体験をした時、
「あの人に嫌われているんだしょぼん」(←これが【自動思考】
と考えたことはありませんかはてなマーク

すると、悲しい気持ちになり、その人に近づけなくなり、
今度はその人を見ると、動悸がしたり、胃が痛くなったり
するかもしれませんドクロドクロ

 

相手は、単に考えごとをしていて、
挨拶に気づかなかっただけかもしれませんが、
「嫌われている」という、ネガティブに偏った考えに囚われて、
否定的【自動思考】を確信する悪循環にはまり込み、
ストレスを感じてしまうのです。

 

認知行動療法では、
ストレス出来事感情、その時の【自動思考】を特定し、
楽になれるような新しい別の考えを導き出していきます

最初は難しく感じるかもしれませんが、一つ一つ丁寧に取り組めば、
人は変わることが出来ますコスモス

共に頑張って参りましょう。

 


PAGE TOP