カウンセリング技能「質問」 【きょうのココロワード】

2014.10.28

こんばんは、講師の石山です星空キラキラ

 

本日の授業をご受講戴きました、8月生火曜日・19時‐21時クラスの皆様、
お疲れ様でございましたお月様星

 

本日の実践では【質問】の種類について学んで戴きました。


質問力は、カウンセラースキルの向上のためにも、大切なことの一つですサーチ

 

例えば、先を話そうとしている時に頻繁に何度も聞き直されたり
あまり詳しく語りたくなくて濁している時に深く突っ込まれたり
興味本位【質問】をされると、気持ちの流れが損なわれてしまいますNGしょぼんDASH!

 

また、責めるような聴き方をされたり、
関係のないことばかり追及されたり、事実確認ばかりされると、
話す方はがっかりして、心を開けなくなってしまいますNGしょぼんDASH!

 

感情について確認、共感される【質問】や、
考えや解釈を引き出そうとしてくれる【質問】をされた方が、
話し易いし気持ちの整理も出来ますね音譜

 

同じことを聞くのでも、【質問】の仕方一つでだいぶ違います。

 

本日の実践プログラムでは、具体的にどのような【質問】が『良い質問』で、
どんな【質問】が『NG質問』なのか、事例に沿って考えて戴きました。

 

カウンセラーからの働き掛けとして重要な意味を持つ【質問】
しっかりと身に着けて戴き、相手とのスムーズなコミュニケーションに、
役立てて戴きたいと思います。


PAGE TOP