セルフカウンセリング 【きょうのココロワード】

2014.11.19

こんにちは、講師の石山です観覧車ジェットコースター

 

本日の授業をご受講戴きました、6月生水曜日・11時‐13時クラスの皆様、
お疲れ様でございました音譜

 

本日は認知行動療法の基本原則について学んで戴きました。

 

認知行動療法には基本モデルがあります。

 

最初は基本モデルに沿って、カウンセラーと共に自身の体験を理解し、
現在抱えている問題に焦点を当て、カウンセリングにおける目標を定め、
解決を目指していきますグーキラキラ

 

また、カウンセラーは、症状心理学的情報などを提供し、
アセスメントシートによる問題把握の仕方治療法を説明しますメモ

 

基本原則は、上記のような6つの大切なポイントから成っていますが、
その中でも大切なのは、クライエント自身が、

【セルフカウンセリング】出来るようになることです。

 

【セルフカウンセリング】が出来ると、再発予防になります。

 

セルフカウンセリングとは、
1960年代に創案された、
一人で出来るカウンセリングひらめき電球」です。

 

自分で自分を見つめ直すことによって、
自分を苦しめる思い込みから自由になって自己理解を深めたり、
問題解決に向けて合理的に考えられるようになります。

 

ネガティブな出来事があった時も【セルフカウンセリング】をして、
自分自身の考え方を把握し、違う視点から新しい考えを導き出し、
健やかな毎日を送れるようになる
と、ストレスにも強くなれますよニコニコチョキ



PAGE TOP