半構造化面接 【きょうのココロワード】

2014.11.04

こんばんは、講師の石山ですゲームロボットひらめき電球

 

本日の授業をご受講戴きました、8月生火曜日・19時‐21時クラスの皆様、
お疲れ様でございましたUFO

 

本日は、面接の種類について3種類あることを学んで戴きましたが、
構造化面接非構造化面接の間の形式を取る【半構造化面接】について、
もう一度振り返ってみましょう。

 

構造化面接とは、事前に質問する項目が決まっていて、
面接者はその項目をクライエントさんに逐一質問を行い、情報収集する面接。

質問紙が用いられることが多いですね。

 

非構造化面接とは、事前に質問する項目が決まっておらず、
自由回答形式で、面接の目標に関係した内容の情報を集める面接です。
来談者中心療法などが代表的です。

 

そして半構造化面接とは、構造化面接非構造化面接の間を取って、
進められる面接です。

 

例えばアルバイトや就職活動の面接では、履歴書エントリーシートが、
応募先の企業などに予め準備されていますねビル

 

志望動機自己PRなど、誰に対しても必ず聞かれる質問、というのが
共通しています。

そして、「Aさんについては、もっとこの部分を掘り下げたいカラオケ」とか、
「Bさんについては、ここはこんなに詳しく聴かなくても大丈夫パー」など、
その都度、相手によって臨機応変に質問が変わります。

 

認知行動療法も、アセスメントシートが用意されている部分は、
いつも同じですが、考えを掘り下げたいのか、出来事をもっと詳しく、
とかは、クライエントさんごとに違います。

その人ならではのことを聴けるのが、半構造化面接の良さですねラブラブ

 


PAGE TOP