感情的決めつけ 【きょうのココロワード】

2015.01.27

こんにちは、講師の石山ですペンギン雪の結晶

 

本日の授業をご受講戴きました、
8月生火曜日・13時‐15時クラスの皆様、お疲れ様でございました。

 

本クラスでは、認知行動療法の実践の中で、
ストレスの出来事を体験した時にパッひらめき電球と頭に浮かぶ考えを、
捉えるところまで参りましたビックリマーク

 

この考え(認知)ネガティブな方に偏っていると、
人は悩みの悪循環に陥って行きます雨

 

認知の偏りにはパターンがあることを知っていると、
客観的な考え方がしやすくなりますね。


中でも【感情的決めつけ】について振り返ってみましょう。

 

【感情的決めつけ】は「好き・嫌い・快・不快」などの、
自分の感情によって物事を判断することです。

 

例えば、

「あの人は私に嫌な思いをさせたから悪い人だ爆弾」とか、
「生きていることに何となく罪悪感を感じるから、
私なんて居ない方がいいのに違いない叫び」など、

客観的な証拠や基準が何もないのに、感情で決めつけて、
どんどん憂鬱になったり不快になったりしていきますガーン

 

【感情的決めつけ】に気づいたら、
感情を変えることは出来ませんので、今の感情を受け止め、
客観的な考え方を出来るか考えてみて、
肯定的な見方を出来るように取り組んでみて下さいラブラブ


PAGE TOP