構造化面接と非構造化面接 【きょうのココロワード】

2014.11.04

こんにちは、講師の石山ですクラッカーラブラブ

 

本日の授業をご受講戴きました、8月生火曜日・13時‐15時クラスの皆様、
お疲れ様でございましたブーケ2

 

本日は心理アセスメントの中でも「面接法」について、
詳しく学んで戴きました。一言で「面接」と言っても、
種類があることをご理解戴けたと思います。

 

ここでは、構造化面接非構造化面接について、
もう一度振り返って整理してみましょう。


構造化面接とは、アンケート形式などに見られる、
予め決められた質問項目に沿って質問しながら行われる面接ですメモ

 

構造化面接のメリットは、カウンセラーのスキルに多少差があっても、
クライエントさんに影響を及ぼさずに面接を進められることです。

 

言うべき項目が決まっているので、カウンセラーの力量に関わらず、
誰もが同じ質問を同じ流れで行えば良いので、
目的とする情報が系統的に得られます。


そして非構造化面接は、来談者中心療法などに見られる、
いわゆる自由回答形式・会話形式に沿った面接です。

 

非構造化面接】メリットは、マニュアルに捕らわれることなく、
コミュニケーションに集中することが出来ることです。

 

またクライエントさんの反応によって、臨機応変に対応しながら、
面接の目標に関連した色々な情報を得ることが出来ます

高度なスキルを要求される分、質の高いカウンセリングが出来ますね。

 

比較してみると、それぞれの特色が見られて興味深いですね目サーチひらめき電球


PAGE TOP