系統的脱感作法 【きょうのココロワード】

2014.09.30

こんにちは、講師の石山ですかさジーンズサンダル

本日の授業をご受講戴きました、
8月生火曜日・13時‐15時クラスの皆様、
お疲れ様でございました帽子ワンピース

本日は「カウンセリング理論・療法」の中でも
【系統的脱感作法】について、
もう一度振り返ってみましょう。

【系統的脱感作法】を知っていると、
日常生活に支障を来たすような、
負の感情を感じるものにも、
どのように対処すれば良いのか分かってきます。

【系統的脱感作法】は、
精神科医ジョゼフ・ウォルピが提唱した、
行動療法の一つです病院

恐怖を感じるもの、不安を感じるものに対して
雷過敏雷になった状態から、
段階的に抜け出していくための方法です。

そのためには、まず『不安階層表』を作ります。

例えば怖いとすると、
に関する場面をたくさん思い浮かべ、
その中でも一番怖い時を100
まったく怖くない時を0としますわんわん

そして、怖さレベルが低いものから高いものへイメージしていきます。

不安階層表』が全部クリアキラキラ出来たら、は平気になりますわんわん

トラウマをケアしたり、恐怖症を克服したりする時に、
大変有効な方法です。

イメージで取り組みますので、一人で出来るのも長所ですグッド!OK

身近な方でお困りの方がいらっしゃいましたら、
教えてあげてもいいですね。


PAGE TOP