面接法・観察法…そして対話分析~プロのカウンセラーとして~

2013.09.05

こんばんは、講師の石山です星星空星

今朝は雷雨がすごかったですね雨台風 窓を開けて寝ていたので、雨が吹き込んできて、 慌てて目を覚ましましたショック!あせる

 

さて、本日6月生木曜日・19時-21時のクラスでは、 知識・理論の分野では、心理アセスメントについて 学んで戴きました。

 

面接法には、構造化されたものもあれば、非構造化のもの、 半分だけ構造化され、あとは面接の流れに応じるものがあり…

観察法は、自分が観察したい対象が何なのかによって、 方法を数種類から選択すること。

 

生態学的アセスメントでは、出身地が違うと行動・習性が違い、 各々どんな文化コミュニティでどんな行動パターンがあるのか、 紐解くことで大変盛り上がりましたクラッカー

 

実際にラブラブカウンセラーラブラブとなった際、どんなことに気をつけて、 どんな面接をすれば良いのか迷いそうになった時は、 ぜひ本日のことを思い出して役立てて戴ければキラキラと思います。

 

実践では、対話分析に取り組み、カウンセラーの態度応答としてどんな台詞が適切なのか・不適切なのか等について、 それぞれ考えて戴きましたメモサーチ

 

自分では良かれOKと思って何気なく発言したことでも、 カウンセラーの価値観が含まれていたり、関係のないことに 興味本位で質問しているだけだったり…NGといったことが、 問題を通して気づいて戴けたのではないかと思いますひらめき電球

 

一つ一つの発言に、ラブラブカウンセラーラブラブとして注意深く、 責任を持つことが大切なんですね。

 

実際のラブラブカウンセリングラブラブでも、対話分析で皆様が発見したこと、 新たに知ったことを、どうぞご活用下さいねニコニコ

 

image_13657315473

 


PAGE TOP