カウンセリングスキルの「振り返り」と「今後」

2013.10.03

こんばんは、講師の石山です星星空お月様

10月になり、クールビズが終了した様子で、街中では秋物の服で 歩いている方が多いようですジーンズカバン

 

さて、本日6月生木曜日19時-21時のクラスでは、 知識・理論の分野では、逐語記録の作成の仕方について、 学んで戴きました。

 

逐語記録の作成の中でも、注意気をつけて戴きたいポイント注意は、 幾つかありますが、特に

鮮明に録音すること

脚本等を用意して、意図的に作成したものではないこと

を授業の中では意識して戴きたいと、お伝えしています。

 

普段、カウンセリング実践に取り組んで戴きますと、 多くの受講生さんは、実践チェック表メモに従って、 姿勢応答、要約、質問を意識してカウンセリングされますね。

 

鮮明に録音すると、上記のことにプラスして、 ため息DASH!沈黙、あるいはすすり泣きしょぼんなど、普段、 意識しづらいところもしっかりと入っていますから、 新たな見解が出来るようになるのではないかと思いますひらめき電球サーチ

 

また、録音することを意識されるあまり、 シナリオを用意してきて話すのはどうだろうか!?と 考える受講生さんがいらっしゃることがありますが、 そんな必要はまったくありませんパー

 

ありのままのカウンセリングを記録・検討してこそ、 現状の評価や、今後の資質向上のための分析が出来ます。

 

提出して戴ければ、丁寧にアドバイスさせて戴きますので、 自分らしいカウンセリングをなさって下さいねラブラブニコニコラブラブ

 

 

その後は実践にて、エンカウンターに取り組んで戴きました。

 

本日のテーマは「○年後の心理カウンセラー像」!!キラキラ

 

自分とクラスメイトが、○年後、どんなふうになっているか、 をテーマとして、グループカウンセリングを行いました。

自分の希望を語ったり、クラスメイトの考えを知ったりと、

「有意義な時間になりましたクラッカー」と仰って戴けて良かったです

 

せっかくですから、また時間のある時に仲間どうしで、今日語り切れなかったことを話し合ってみられても楽しいですよ。 その時は、どんなことを話したか、教えて下さいね音譜

 


PAGE TOP