カウンセリングプロセスを知り、自身の糧とするために…

2013.09.19

こんばんは、講師の石山ですやや欠け月

台風一過してから、涼しくなりましたね台風 体調にはお気をつけ下さいませクローバークローバー

 

さて、本日6月生木曜日・19時-21時のクラスでは、 カウンセリングプロセスを学ぶDVD『NOと言えずに』を 視聴して戴きましたCD音譜

遅い時間に、かなり内容の濃いDVDビックリマークを長丁場で視聴し、 疲れないかなあせると心配でしたが、全員が身を乗り出すように、 熱心にご覧になっていて、さすがだと思いましたニコニコキラキラ

 

心に残った場面クライエントの様子カウンセラーの台詞など、 皆さん熱心にメモをしながらご覧になっていましたねメモ

 

10回分の面接記録(実際は30分のところを、10回に編集)を観て、 今まで授業内で学んできたカウンセリングのプロセスや、 応答の一つ一つ、クライエントの変化などについて、 具体的なイメージを持って戴くことが出来ました目サーチ

 

本日のDVDCDをご覧になって、実際のカウンセリング場面で、 参考に出来る部分がたくさんあったと思います。

なぜなら、『NOと言えずに』のクライエントが抱えている、

会社の仕事に対しての悩み…

人間関係での思い…

自分の性格に関すること… 家族の在り方と、家族関係の悩み…

などなど…

 

クライエントを取り巻く事柄は、決して特異なものではありません。

「私と似ているひらめき電球」と思われた受講生さんも、いらっしゃいました。

 

皆さんが、近い将来カウンセラーとなった時、 ご自身が専門とする分野は多岐に渡るかと思いますが、 人と人が存在する限り、目にすることの多い問題だと思われます。

カウンセリングがどのようなプロセスを辿り、 カウンセラーとの関係によってクライエントがどのように変わるか、 感じたこと、また実践によって得た知識をしっかりと復唱し、 ご自身の糧としていってくださいね虹晴れ

IMG_0439

 


PAGE TOP