いじめが激減した学校の例

ブログ

2013.01.29

いじめの理由は様々です。
教師に問題があったり、生徒に問題があったり、家庭に問題があったり…。
しかし、「学校のシステムそのもの」に問題がある場合もあります。
ここで、ある学校の事例を挙げます。
その学校は、元々いじめが多い学校でしたが、ある「システム」を変えることで、
いじめが激減しました。
さて、その激減した理由とは、どのようなものだと思いますか?
…答えは、「全ての行事に、賞を付けた」です。

つまり、運動会や期末テストで順位をきっちり付けることは勿論、展覧会や文化祭でも「校長賞」などの賞を付けるようにしました。
普通に考えると「そんな風に生徒に優劣をつけるのは逆効果では?」と思うと思います。
そこで、これを大人のパターンに当てはめて考えてみてください。

貴方が仮に会社で働く優秀な会社員だとします。
毎日朝から定時よりも早く出社して、勤勉に務める。そして誰よりも高い営業成績を出しています。
貴方1人が周りの人たちのマイナス分をカバーして、ようやく営業は黒字になりました。
…それにも拘わらず、会社からの評価は「みんな良く頑張った。」だけで給料もボーナスも、全て横並びだったらどうでしょうか?
そうなると、「なんで私とあなた達が一緒だって言われるんだ!」と思うでしょうし、言われる方も「あの人と同じだけの給料を貰いづらいよ…。」と思うでしょう。
しかし逆に、貴方が働いた分「社長賞」などを貰えれば、貰う側も励みになるし、周りの人も「どうやったら、社長賞が取れるの?」と教えを乞いやすくなるでしょう。
いじめを行う原因の一つに「自分に自信を持てないから」「自分が他人と同じで居るのが嫌だから」と言うものがあります。
即ち、このような「賞」を作ることで「自尊心を持つこと」「アイデンティティを持つこと」が、いじめの減少に繋がったのだと思います。
…ただし、気を付けて頂きたいのは「すべての人はOKである」と言うことを忘れないようにしてほしいと言うことです。
「一位の君は凄い!二位の君も去年より順位が上がったね。三位の君もベストタイムじゃないか!四位の君だって頑張って最後まで走り切ったね。」
と、全ての人に肯定のストロークを与えるようにして下さいね。

認知行動療法で高い実績を誇る ハートフルライフカウンセラー学院

認知行動療法で高い実績を誇る

ドキドキハートフルライフカウンセラー学院 ドキドキ


 E-mail:hc@heartfullife.jp
 TEL:03-5321-6180



【営業時間】

 月曜日~土曜日(祝日省く) 9:00-21:00



2月生は、

新宿校は、クラス(火曜・火曜(夜)・土曜クラス

横浜校は、クラス(日曜クラス

を開講します。



ランキングに参加しておりますキラキラ

クリック頂けますと幸いですラブラブ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

にほんブログ村

厚かましいお願いですが、

こちらもクリック頂けますと励みになりますラブラブ

人気ブログランキングへ

ハートフルライフカウンセラー学院

«

»