‘カールが東京からなくなる’から負の感情の対処方法を考える

2017.05.26

‘カールが東京からなくなる’
とのニュースが流れショックを受けました。

カール


あると思っていたものが、なくなるのは悲しいです。

カールの話ではないですが、悲しいという負の感情への対処方法をご紹介したいと思います。


悲しいといった負の感情に対処する方法
(1)自分で考えて解決できるか否か考える
悲しい
といった負の感情に対処する方法は、まずは、自分で考えて解決できるか否かを考えます。


カールがなくなる!
これは自分で考えても解決できません。

ですから、分で考えても解決できないとの認識をしっかりと持つことです。


(2)考えること自体をストップ
自分で考えても解決できないとの認識できたら、考えること自体をストップさせます。

ストップさせる方法として4つご紹介します。

1.自分を観察する
・自分が今、どのような状態であるを客観的に捉えられるように観察します。

2.別のことを考える
・例えば、昨今いわれているマインドフルネスを活用すると、呼吸に意識を向けます。
食事をしておれば、食べている自分に意識を向けてもいいです。
なんでもいいですので、心が落ち着くものに意識を集中させることです。

3.上記1や2を実現するために人と話す、運動をするなどの動作に意識を向ける
人と話をする、運動することに意識を集中させ、もともと負の感情を作っていたものから、意識の向きを変えます。

4.寝る
寝る行為に行って、強制的に考える行為を停止させます。

上記の方法のどれが適しているかは、個人差があります。
いろいろ試して、自分に合った方法を見つけてみてください。

http://www.heartf心理カウンセラーになるための3要素


PAGE TOP