認知行動療法で「ガラスのハート」を「鉄のハート」に変えました♪

2014.02.01

今日は、「ハート」のお話 

 

 

 

皆さんも、「ガラスのハート」という言葉を、耳にしたり、

 

目にしたりした事があると思います

 

 

ガラスのハート」は、繊細、傷つきやすい、壊れやすい心(ハート)、という意味に

 

使われます

 

 

ガラスのハート」と言っても、

 

生まれながらにして、「ガラスのハート」の持ち主なのではありません。

 

 

 

ガラスのハートを作るのは、その人の「考え方」です。

 

 

 

様々な出来事に対して、ネガティブなイメージを持ち、傷付き、落ち込む。

 

自分は、傷付きやすい人間、プレッシャーに弱い人間、と決め付ける

 

「私のハートは、ガラスのハートだから、○○出来ない

 

そんな事、ありません

 

 

 

柔軟で、バランスの良い考え方が出来るようになると、

 

鉄のハート

 

にだって、なることができます

 

 

 

そうなると、行動もポジティブになって、プレッシャーにも、負けません

 

 

 

これが、認知行動療法です

 

 

 

 

実際、私の知り合いで、ゴルフのティーショット(最初の一打)の時、

 

周りで人が見ていると、

 

「私のハートは、ガラスのハートだから、見られていると、駄目なのよね」

 

と言って、その通り、失敗が多かった人が、考え方を変えられるようになったら

 

ガラスのハートだった時が、嘘のように、「ナイスショット」になりました

 

 

 

 

認知行動療法を身に付けて、

 

セルフカウンセリングに、他者カウンセリングに、役立てませんか?

 

 

 

 

認知行動療法を、知りたい方、体験したい方、ご興味のある方、

 

是非、スクール説明会にお越しください☆

 

来週のスクール説明会

(1)2月 5日(11時-12時

(2)2月 5日(19時-20時

(3)2月 8日(12時-13時

 

に、開催いたします☆

 

説明会会場は

新宿校・第一教室・新宿野村ビル


新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル48F

 

【JR新宿駅 徒歩5分、丸の内線西新宿駅 徒歩4分

MAPはこちらから

 

 

皆さまのご参加、お待ちしております

 

 

 o0405072012824274049[1]


PAGE TOP