逐語記録作成とグループエンカウンター

2013.10.02

こんにちは、講師の石山ですコスモス虹

 

先週は、心理カウンセラー試験を受験された皆様、 お疲れ様でございました。 今までの学びの成果は、見られましたでしょうかはてなマーク

 

さて、本日6月生水曜日・11時-13時のクラスでは、 逐語記録の書き方について、学んで戴きました。

これは、カウンセリングスキルを向上アップさせるうえで、 大変有効な方法ですビックリマーク

 

カウンセラーとクライエントの対話を、一語一句、 丁寧にたどって記録することで、自分の実践を振り返り、

★応答は適切だったかはてなマーク より適切な応答はどのようなものがあるかはてなマーク

を検討することで、資質向上アップを図ることが出来ます。

 

実際のカウンセリング現場では、クライエントの了承を得て、 面接を録音し、逐語記録を作成し、ベテランのカウンセラー (スーパーバイザー)に見て貰うことで、 意見やアドバイスを得ることも出来ます。

 

本日は、この逐語記録作成の仕方や意義について、 丁寧にご説明させて戴きました。

受講生の皆様にも、実際に作成して戴く時間を設けていますので、 楽しみにしていて下さいねニコニコチョキ音譜

 

実践では、グループエンカウンターに取り組んで戴きました。

 

テーマに沿って、グループカウンセリングを展開!!

講師の私は受講生の皆様に進行をお任せし、 見守りに徹するのですが、いつも、クラスが一つになり、 それぞれの未来に思いを馳せる様子や、 気づきを得たり、自己開示をされたりするところを、 拝見して、一緒に想像したりしています目サーチ

 

これから皆様は、プロのカウンセラーキラキラとなり、 思い描いた未来へと歩みだされますが、本日話し合って戴いた、 心理カウンセラーとしてのイメージをより具体的に育み、 夢を実現していってくださいね星ラブラブ

 

IMG_0097

 


PAGE TOP