• トップページ
  • ブログ
  • 学んでよかった!メールカウンセラー養成講座【修了生/伊藤潤子さんのご感想】

学んでよかった!メールカウンセラー養成講座【修了生/伊藤潤子さんのご感想】

2016.10.23

昨日、メールカウンセラー養成講座を修了しました。

メールカウンセラー

受講期間は3時間×2回と短期間で、
(1)メールカウンセリングのルールつくり
(2)案内文・広告文の書き方
(3)メールカウンセリングの応答文の作成
(4)応答文のブラッシュアップ
など、メールカウンセラーとして活動するノウハウをしっかり学べ、非常に濃い受講内容で大満足でした。

また、ハートフルライフカウンセラー学院のメールカウンセラー養成講座では、認知行動療法を活用したメールカウンセリング方法を学べましたので、認知行動療法の使い方を理解するのにとても役に立ちました。
認知行動療法のカウンセリング内容を文字という”形”で表すことにより、クライアントの相談内容とカウンセラーの回答を客観的に見ることができます。
クライアントの考えは何か、感情は何か、そして、「過去と他人は変えられない」ことから、クライアントの考えをどのような考えに導いていくか、ということを文字間から読み取っていきながら、認知行動療法の使い方を理解することができました。

受講して良かった点は他にもあります。

例えば、
(1)クライアントがカウンセリングをして欲しいのは
何かということを的確に拾い出すことができたこと
(2)受講生通しでグループで例題を出し合うことにより自分では
考えつかないような”目からウロコ”の回答を知ること
(3)認知行動療法のカウンセリングと、他の療法や身の上相談との違いが明確になったこと
などです。
これらはいずれも、文字で表したことにより、改めて認識できた大きなメリットでした。

更には、講師からすべての応答文について手直しとアドバイスがもらえるため、自分のカウンセラーとしての癖に気づけたのも大きな収穫でした。
相談内容とその回答を各自が作ってきてお互いに内容をチェックし合うのですが、課題を複数作成することにより、各々の癖が見えてきます。
例えば、カウンセラーの感情が入ってしまう、クライアントの言っていないことを言ってしまう、ネガティブな言い方をしてしまうなど。
他者のカウンセリング文章を見ながら、他者カウンセラーの癖を客観的に分析できたため、自分の癖が明確に気づけ改善点が理解できました。
今度のカウンセリングに役立たせることができると感じましたし、自分のカウンセリングにも自信が持てるようになってきました。

副業としても役立つスキルが確実に身に付けられましたので、すぐにメールカウンセラーとして活動したいと思います。
得るところの多いメールカウンセラー養成講座を受講して大満足です。

メールカウンセラー養成講座こちらをクリックしご覧いただけます。


PAGE TOP