ロースクール生応援! リラクゼーション<漸進的筋弛緩法>

2017.02.22

こんにちは。
メンタルヘルスプロの住田 憲隆(すみだ かずたか)です。

今回の記事から、司法試験合格に向けたメンタルケア術をご提供して参ります。

まず、「メンタルケア術 その1」として、ストレス対処法の一つである漸進的筋弛緩法(Progressive Muscle Relaxation)という技術をご紹介させていただきます。

ストレス対処法はココをクリックしてご覧ください

048

1.漸進的筋弛緩法
この「漸進的筋弛緩法」とは、米国の精神生理学者エドモンド・ジェイコブソン氏によって開発された代表的なリラクゼーション法です。

筋肉の緊張→弛緩という動作を繰り返すことで心身のリラックス状態を導く方法です。
自らコントールしにくい「感情」ではなく、コントロールしやすい筋肉の緊張」にアプローチすることが特徴です。

エドモンド・ジェイコブソン氏は「不安な心はリラックスした身体に宿ることはできない」と述べています。
不安な心があると、勉強にも集中できず、効率が良くないですよね。
ぜひこの「漸進的筋弛緩法」を受験勉強に取り入れ、不安な心を解消した上で、司法試験合格に向けて進んでいきましょう!

さらに、いつでもどこでも、しかも短時間でできるリラクゼーション法ですので、多忙な環境の中で努力されるロースクール生にはぴったりのメンタルケア術と思います(^^)
(私も、ハートフルライフカウンセラー学院でこの技術を身につけてから、通勤電車の中や就寝前の布団の中などで実践していますが、簡単なのに効果はバツグンです。)

2.漸進的筋弛緩法 実践手順
1、 楽な姿勢をとる。
通学電車や自習室の机で座ってでも、寝る前に床に横になってでもOKです。
2、 身体の一部の筋肉に「ぎゅっと」力を入れた後、「ふっと」緩めます(筋弛緩)。
3、 身体の各部位に順に同じ動作を繰り返します
例えば、右手→左手→右足→左足→顔面→・・・という形です。
4、身体全体がリラックスした心地よい感覚に身を委ねます
終了時は全身に緊張が残っていない状態が理想的です。

この「漸進的筋弛緩法」の効果については、文字で見るより、実際に体感するのが早いと思います。
今日から実践できるメンタルケア術ですので、ぜひお試しください。


個人差はあるでしょうが、私の場合、リラックスしすぎて、寝落ちしたことが数知れずです。


ロースクール生の皆様の健康と司法試験合格を応援しております。

 

ロースクール生応援!司法試験合格に向けたメンタルケア術・目次

住田憲隆
 

私が学んだカウンセラー養成講座・プロフェッショナルコース はこちらをクリックしてご覧いただけます。

 


PAGE TOP