アルコール依存症

2014.04.25

依存症になる方は、ドーパミンの分泌が多い方とも言われていますが、

アルコール依存症に陥る女性が増えてきております。

 

アルコールは摂取し続けると肝硬変などのリスクが高まります。

 

先日、元女流棋士の林葉直子さんが、アルコールを摂取しすぎたため、

肝硬変であることを告白されておりました。

 

以前、特定非営利活動法人ASK(アルコール薬物問題全国市民協会)の

代表に、治療についてのお話を伺った際、

依存症の中程度までの方には、認知行動療法を活用している

とのことでした。

 

 認知行動療法は、アルコール依存症に限らず、

セルフケアとして活用できます。

 

健康を意識している方は、認知行動療法を学ばれてはいかがでしょうか。

 

◆女性のアルコール依存が深刻化 断酒の支援、重要に(日本経済新聞)

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO70336770U4A420C1NNMP01/

 019


PAGE TOP