虐待に厚生労働省が更なる施策で取り組む

2017.02.06

虐待は年々増加し、27年度中の児童相談所の対応した件数は103,260件と厚生労働省より28年8月に報告されました。

029

しかし、児童相談所に電話が入っても、接続率は2割程度になっていたとのことです。

2割と低い理由としての厚生労働省の分析は、『接続されるまでに、ガイダンスに沿って入力するための時間が2分から2分半ほどかかっているため』でした。

そのため、厚生労働省はコールセンターを設置し接続時間を30秒に短縮することを発表しました。

27年度の虐待では、「心理的虐待」件数が増加しています。
心理的虐待をはじめ、すべての虐待件数が減少することを、厚生労働省とともに取り組んでいきたいと考えております。

関連記事
http://www.heartfullife.jp/topic/虐待コールセンター新設・厚生労働省/


PAGE TOP