子育て奮闘記 ー新生児を連れて初めての外出ー

2016.05.25

ハートフルライフカウンセラー学院スタッフの 斉藤由佳です。

今日は 新生児を連れて初めての外出のおはなしです。

子育て 新生児

今 外出するには、とても気持ちの良い季節ですね。

私の第一子は12月生まれなので、1月の一ヶ月検診に初めての外出日になりました。

第一子の場合 この一ヶ月検診が初めての外出という方が多いですよね。

初めて子供を連れての外出… 家でずっと二人なので『気分転換ができる』と この日をとても楽しみにしていました。

1月ですから 寒いのですが、新鮮なひんやりとした空気がとても心地よく感じたことを覚えています。

10年前に とても流行っていたスリングに子供を包み、抱っこをして病院に出かけました。

このスリングの使い方を全く理解していなかった私は、とにかく重い!病院まで徒歩で15分ぐらいなのですがとても大変でした。

他のお母さんを見ると とても楽そうに抱っこをしているように見えるのです。

そうすると否定的な考えが頭の中をグルグルめぐり始めます。

年齢のせいだ』『抱っこひもの方がよかった』いろいろと…

そんな中… 抱っこひものお母さんに声をかけられました。

『スリングって楽ですか?』と聞かれたので

『使い方がわかっていないのでとても重くて大変なんですよ~』とこたえたら…

『そうなんですか~?。とても楽そうに抱っこをされてたから スリングにすれば良かったと思ってたんです。 私 肩こりがひどいので抱っこが辛くて…』 と話してくれ… 

人の目には 私が『楽に抱っこをしているように映るんだ』と… これには私も驚きました。

お互い同じことを思っていたんですよね。

その時…『みんないろんな思いがありながも子育てを頑張ってるんだな~… 私も頑張ろう!』と勇気をもらい…

そして…『見た目だけでは、目の前の人の 本当の考えまではわからない』ということを知りました。

他の人はできていて、自分だけができていないんじゃないか?

それは自分の考えの中だけです。

自分で何もかも考えて決めてつけてしまわないで、わからないことがあれば素直に聞けばいいんだ… と 抱っこひものお母さんから学びました。

これは 後々の子育てにも本当に役立ってきます。

自分から声をかけれるお母さんは、人間関係が円滑に運びやすく、お友達もつくりやすくなります。

子育てをしていく上で自分を楽にしてくれる大切な要素なんだと思いました。

 

 過去の記事はこちらをクリックしてご覧いただけます。
子育て奮闘記 目次

 

 


PAGE TOP