子育て奮闘記 ー挨拶ー

2016.06.22

ハートフルカウンセラー学院スタッフの 斉藤由佳です。
今日は、挨拶 のおはなしです。

前回のお話をご覧になられた方から、
『新しいコミュニティーで大切なことは、自己紹介をして挨拶をするということですか?』
とのご質問をいただきましたので、そのあたりをおはなしさせていただきます。

私は良い関係を作りたいと思うときには、まずは自分から挨拶をするように心がけていました。

自分ひとりなら、そこまで頑張らなかったかもしれないと思うのですが、子供が小さいうちは、自分が積極的にお友達を作っていかないと子供のお友達もできないので、子供のためにと一生懸命に良い人間関係を築こうとしていたと思います。

世間でよく聞く… 『ママ友は難しい』『魔の公園デビュー』など気にしないようにしていても、やはり気になります(笑)。
ですから尚更 慎重に振舞っていました。

挨拶をする… 簡単なようで、できない時もありました。
でも、お友達はほしかったのでできる限り意識をして挨拶を心がけていました。
そうすると… 少しづつ友達も増えてきました。

それは嬉しかったのですが、挨拶をすることにこだわっていると、挨拶が義務になってしまいだんだんとしんどくもなっていたのです。

ある日のこと、子供と駅で電車を待っていると、ある子連れの女性が私に声をかけてきてくれました。
それも『お友達になって下さい』とのことでした。
正直ビックリしました。

『エッ?なぜ私?』と…そして理由を聞いてみると、たまに児童館で私のことを見てくれていたみたいで、『年下の人にもいつも声をかけていたから』とのことでした。

正直これも嬉しかったです。
『見てくれてる人は、見てくれてるんだな~』…と。

そして彼女のお蔭で『挨拶をやっていてよかった』と思いましたが、『挨拶をしなければいけない』ではなく『まずは自分ができることを』に変わりました。

『まずは自分ができることを』このほんの気持ちが変わることで自分へのプレッシャーは激減しました。
そして自然に挨拶や会釈ができるようになりました。

考え方が変わる… 気持ちが変わる。
少しの見方が変わることでたくさんのことが変わるんですね。

ママ友

過去の記事はこちらをクリックしてご覧いただけます。
子育て奮闘記 目次


PAGE TOP