子育て奮闘記 ー夏休みの宿題ー

2016.08.03

ハートフルライフカウンセラー学院スタッフの 斉藤由佳です。

今日は、夏休みの宿題 のおはなしです。


我が家でも7月中旬から、長い夏休みが始まりました。

子供のころはあんなに楽しみだった夏休みも、親の立場になると『大変だな~』
と思うこともたくさんあります。

子供達が楽しみにしている夏休み、親子で気持ちよく過ごしたいとも思いますが、子供達の過ごし方を見ていると ついつい一喝してしまいたくなる場面もたくさんあります。

宿題をせずに、ダラダラTVやゲームをしている姿を目にするとイライラもしてきます。

今年の夏休み 私は、自分にも宿題を出しました。

『夏休み!子供達に耳触りのよい言葉をかけるぞ月間』と課題を設けました。

内容より一日の中で、どれだけ子供達に耳触りのよい言葉をかけることができるかを目標にやっているのですが
例えば、
『大きな声で返事ができてすごいね』とか
『本を読んですご~い』とか『お手伝いしてくれて本当に助かる』とか… 
些細なことばかりなのですが その些細なことに目を向け、そこに大きく喜んだり感動したりするようにしています。


この宿題をしていると、以前よりもっと『子供達のいいところを見つけよう』とか 『子供達のいいところはどこだろう?』と いいところを探すことに気持ちが向いていきます。

『叱らないように』と我慢しているのとは違って、気持ちが抑圧されることがないのでやっている私も気分よくなってきます。

子供と同様 私も宿題ですから、やる気のでる時でない時 様々です。

子供達のやる気が低下している時も 気持ちがわかったりもするので随分と寛大な気持ちにもなれたりと…


 『視点を変える』
視点が変わると同じ時間も、今までとは違った空気が流れ始め、気持ちに余裕がでてきます。

そしてその気分に乗り、大袈裟に褒めちぎると『そんなこと思ってないくせに~』なんて言われもしますが、でも まんざらでもない様子で満遍の笑みを私に見せてくれます。

まだ夏休みも半分以上ありますが、子供達と一緒に夏休みの宿題を頑張りたいと思います。

夏休みの宿題


過去の記事はこちらをクリックしてご覧いただけます。
子育て奮闘記 目次


PAGE TOP