摂食障害克服記 (第八回目) 【高校1年 1月 – 体温低下と冷え】

2015.12.21

ハートフルライフカウンセラー学院のスタッフ、鳥沙ゆきこです。

今回は、拒食症の身体的症状の一つでもある「体温低下と冷え」についてです。

私が拒食症になって初めて迎えた冬、今まで経験したことがない寒さでした。

栄養不足により筋肉も減り、前回お話しさせていただいたように「体力低下」すると同時に体温も低下していきました

私の場合は、平熱が拒食症発症以前より5分ほど下がりました。

元々は冷え性というわけではありませんでしたが、ヒートテックの重ね着、インナー、セーター、ダウンコート、マフラー、手袋 を身につけ、お腹や腰にホッカイロを貼って防寒していましたが、それでも体の芯から冷えきってしまっていたので、体が暖まることはありませんでした。
020

室内では暖房機器が欠かせませんでしが、特に手足の冷えがひどかったため、よく至近距離でストーブにあたっていました

すると、あるとき足の側面が網目状に赤くなり、火だこ(温熱性紅斑)ができてしまいました

また、どんなにヒーターに手を近づけても「熱い」とは感じられず、そのまま強く暖めていたので、手の平が真っ赤になっていて、軽い火傷を起こし、ただ「痛い」という感覚だけが残っていました

外出したときなど、くらくらと目まいがして意識が朦朧としてしまったり、寒くて眠くなることもしばしば ありました。

体の冷えにより、 ここまで辛いと思ったのは初めてのことで、身体的にも精神的にも大きな負担となり、とても長く感じた冬でした。

今回も「摂食障害克服記」をお読みいただき、ありがとうございました。

今後も毎週更新していきます。
よろしくお願い致します。

摂食障害克服記 (第七回目) 【高校1年 12月 – 体力低下の実感】
摂食障害克服記 (六回目)【高校1年 11月 – 気になる他人の食事】
摂食障害克服記 (第五回目)【高校1年 10月 – 勉強と恐怖感】
摂食障害克服記 (第四回目)【高校1年 9月 – 食へのこだわり】

摂食障害克服記 (第三回目)【高校1年 8月 – 痩せることで得られたもの】
摂食障害克服記 (第二回目) 【高校1年 7月 – きっかけ】

摂食障害克服記 (第一回目)【自己紹介:心理カウンセラー・鳥沙ゆきこ】


PAGE TOP