• トップページ
  • ブログ
  • 摂食障害克服記 (第三十四回目) 【大学1年 10月 – 食べ放題ランチに行って】

摂食障害克服記 (第三十四回目) 【大学1年 10月 – 食べ放題ランチに行って】

2016.06.27

ハートフルライフカウンセラー学院のスタッフ、鳥沙ゆきこです。
今回は、大学の友達と食べ放題ランチに行ったときの自分の感情についてです。

 
fafd531b43536926ea8967037f1d616d_s
 

大学周辺が学生街ということもあり、大学の近くにには安くて美味しいお店やおしゃれなカフェがあったので、友達から「今度、一緒にここのお店に行こう!」と誘われる機会もありました。
 
当時、まだ友達や周りに気をつかい疲れてしまうことが多かったので、誘いを断るときもありましたが、高校時代に比べると、たいぶ友達付き合いもできるようになってきました。
 
そして あるとき、学校の近くにあるピザの食べ放題ランチに行こうと友達から誘われました。
 
ピザを食べることには抵抗はなかったですが、「食べ放題」が気にかかりました。
 
食べ放題なのにあまり食べなかったら、誘ってくれた友達が気を悪くするかもしれないけれど、だからと言って、たくさん食べれば、その分カロリーが心配になります。
 
モヤモヤした気持ちでしたが、友達が前々から行きたそうにしていたことを知っていたので断りにくく、一緒に行くことにしました。
 
お店のピザは美味しく、食べ始めるとカロリーも思っていたほど気にならなくなっていて、結局3~4切れのピザを食べました。
 
友達の方がたくさん食べていましたが、そのとき私が食べた量が「少ない」とも「多い」とも言わず、ただピザを食べながら、学校の話しやアルバイトの話しをして、ランチのを楽しんでいました。
 
そのため、私も気持ち良く その時間を過ごすことができました。
 
私は拒食症になって以来、食べ放題のお店でここまで気を楽にして食事ができたのは初めてでした。
 
食後、いつもよりたくさん食べたことに対しての罪悪感恐怖感が出てくることもなく
たまには食べたいものを好きなように食べる日があっても良いと思え
摂食障害克服に向けての自信を感じることができました。
 
 
今回も「摂食障害克服記」をお読みいただき、ありがとうございました。

「摂食障害克服記」は毎週更新していきます。

よろしくお願い致します。


PAGE TOP