脳活性クッキングレシピ「あんかけ焼きそば」

2016.11.17

心の安定を図る脳内物質として注目されているセロトニンを増やす食事を紹介します。

セロトニンを増やすポイントは、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の摂取です。

あんかけ焼きそば

・材料

・焼きそば麺
・豚肉
・人参
・たまねぎ
・チンゲン菜
・白菜
・ピーマン
・生姜

あんかけ
・醤油
・酒
・鶏ガラ
・みずとき片栗粉
・ごま油
・水
・塩コショウ


・作り方

①豚肉を一口サイズに切る。人参は薄くスライス、たまねぎはくし切り、ピーマン、チンゲン菜、白菜は一口サイズに。生姜はすりおろす
②先に豚肉を炒め、色がついてきたら、他の野菜炒をすべていれる。
あんかけで使う水を野菜たちの顔がでるくらいまで入れて、みずとき片栗粉とごま油以外いれる。
③麺をほぐし丸く円をつくりながら、ヘラなので麺を押して焼き色をつけ固めていく。
④②の味が整ったら、みずとき片栗粉でとろみをつけてごま油を入れて③に乗せて完成。

※今回はあんかけ焼きそばです。
脳活性に必要な成分である生姜、醤油、麺、肉、をつかいました。
野菜がいっぱいとれる一品にしました。
他に余り野菜などいれてもいいです。。

他の料理は下記をクリックりしてご覧いただけます
 ↓
脳活性料理 目次


PAGE TOP