脳活性クッキングレシピ「きのこの和風パスタ」

2017.04.13

心の病気脳の不活性状態から起こります。

心の安定を図る脳内物質として注目されているセロトニンを増やす食事を紹介します。


セロトニンを増やすポイントは、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の摂取です。

きのこの和風パスタ

・材料
・パスタ     100㌘
・ベーコン  2枚
・にんにく  1つ
・シメジ      4分の①
・まいたけ  4分の①
・ねぎ
・醤油   小さじ1
・バター
・オリーブオイル

・作り方
①塩を入れたお湯を沸かしパスタを茹でる
②フライパンにオリーブオイルをいれ、みじん切りにしたにんにくを炒める。かおりが出てきたら5㎜の厚さに切ったベーコンときのこを入れて炒めていく。
③②がしんなりしてきたら①の茹で汁を少しと醤油を入れて3分から4分煮詰める。
④少し早めに①をとりだし③とあえてバターを加えて皿に盛りねぎをいれて完成。

※今回は和風パスタです。
脳活性に必要な成分が含まれているパスタ、にんにく、醤油、バターを使用しています。
他のきのこをいれてもいいですし、春野菜など加えても美味しいです。
醤油などは入れすぎは、きのこの味が強く出るため注意です。



脳活性料理 目次


PAGE TOP