脳活性クッキングレシピ「とりのトマト煮」

2016.07.14

心の安定を図る脳内物質として注目されているセロトニンを増やす食事を紹介します。

セロトニンを増やすポイントは、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の摂取です。

とりのトマト煮

・材料

・とりのむね肉
・ズッキーニ
・ニンニク 2個
・たまねぎ 2分の①
・ローリエ
・トマト缶

・作り方
①鍋にオリーブオイルをいれ、みじん切りにしたニンニクを入れる。香りがでるまで炒め、そこにたまねぎのみじん切りを入れ、少し塩を入れしんなりとするまで炒める。
②フライパンに小麦粉をつけた鶏肉をいれ軽く色がつくまで焼く。
③①に②と一口サイズに切ったズッキーニとローリエトマト缶をいれ弱火で30分ほど煮込む。塩こしょうで味を整えて完成。

※炭水化物でお米を使い、ビタミンb6ではニンニク、トリプトファンではとりのむね肉を使い、脳活性に効果がある食材でトマト煮を作りました。
野菜をもっと入れたり香草をつかうのと、違った味を楽しめます。

他の料理は下記をクリックりしてご覧いただけます
 ↓
脳活性料理 目次


PAGE TOP