脳活性クッキングレシピ「トマトパスタ」

2017.12.01

心の病気脳の不活性状態から起こります。

心の安定を図る脳内物質として注目されているセロトニンを増やす食事を紹介します。

セロトニンを増やすポイントは、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の摂取です。

トマトパスタ

・材料
・パスタ   90㌘
・バター
・にんにく
・粉チーズ
・パセリ

※トマトソース
・トマト缶   一缶
・たまねぎ   一個

・作り方
※トマトソース
たまねぎはみじん切り。ミキサーなので細かくしても大丈夫です。
フライパンに油を入れてたまねぎを飴色になるまで炒める。焦がさないように弱火でじっくり炒める。
トマト缶を入れ、沸いたら弱火で十分ほど煮詰めて完成。

①パスタを茹でる
②フライパンにオリーブオイルみじん切りしたにんにくをいれ香りを出す。トマトソースをフライパンに必要分だけ取りだし温めて火を消す。
消したところにバターをいれ余熱でとかす
①のパスタのゆで汁をいれパスタをとりだし粉チーズをかけて絡める
パスタをもり、粉チーズとパセリをかけて完成。

※今回はパスタです。
脳活性に必要な成分が含まれているパスタ、粉チーズ、にんにく、バターを使用しています。
たまねぎをじっくり炒めることであまみが増します
次回は今回使ったトマトソースでボロネーゼ風にします。


脳活性料理 目次


PAGE TOP