脳活性クッキングレシピ「パクチーパスタ」

2017.02.09

心の病気脳の不活性状態から起こります。

心の安定を図る脳内物質として注目されているセロトニンを増やす食事を紹介します。


セロトニンを増やすポイントは、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の摂取です。

パクチーパスタ

・材料

・パスタ 1 00㌘
・とり挽き肉  70㌘
・にんにく   一つ
・鷹の爪
・まいたけ
・パクチー
・レモン

・作り方
①鍋にお湯を沸かす。お湯に海水の塩気ぐらいの塩を入れパスタを茹でる。
②鍋にオリーブオイルみじん切りしたにんにく、鷹の爪をいれ、オリーブオイルに香りをうつす。香りが出てきたら挽き肉をかるく炒め、まいたけを加える。
③②が全体になじんだら①のゆで汁をレードルで一杯いれて5分煮込む
④③に①のパスタを絡めレモン、塩、こしょうで味をしてパクチーを飾り完成。

※今回はパスタです。
脳活性に必要な成分が含まれているパスタ、にんにく、鶏肉を使用しています
前回つくった餃子の具材のあまりでできる簡単なパスタです。
パスタのゆで時間を少し早めにし、③のベースと絡めてそこでパスタの固さを調節して食べてください!


脳活性料理 目次


PAGE TOP