脳活性クッキングレシピ「焼きうどん」

2017.04.21

心の病気脳の不活性状態から起こります。

心の安定を図る脳内物質として注目されているセロトニンを増やす食事を紹介します。


セロトニンを増やすポイントは、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の摂取です。

焼うどん

・材料
・細うどん  二玉
・キャベツ
・にんじん
・たまねぎ
・豚肉

・酒:大さじ1
・醤油:大さじ1
・オイスターソース:小さじ1
・みず :大さじ1.5
・和風だし顆粒:小さじ2

・作り方
①フライパンに油を入れて肉を炒める。色がついてきたらスライスしたたまねぎ、一口サイズに切ったキャベツ、にんじんをいれて炒めていく
②①がしんなりしてきたらうどんと調味料をいれ塩、こしょうで味を整えて完成。

※今回は和風パスタです。
脳活性に必要な成分が含まれている、うどん、肉、だし系顆粒、醤油など使用しています。
うどんなどについてるソースなどを使用もいいですが、家庭にある調味料でも簡単につくれます。
かつお節など乗せても美味しいです。



脳活性料理 目次


PAGE TOP