脳活性クッキングレシピ「鮭のムニエル」

2016.10.20

心の安定を図る脳内物質として注目されているセロトニンを増やす食事を紹介します。

セロトニンを増やすポイントは、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の摂取です。

鮭のムニエル

・材料

・鮭
・ジャガイモ
・しめじ
・バター
・小麦粉
・レモン
・ディル


・作り方

①鮭は水分をしっかりとり塩、胡椒で下味をつけ小麦粉につける。
※小麦粉はつけすぎない
②ジャガイモとしめじは炒めて、塩と胡椒で味付け
③フライパンにバターを入れ①をいれて両面に色をつけていく
※バターが足りない場合、油を少し足す
④②と③を皿に盛り、スライスしたレモンとディルを飾り完成。

※今回は鮭を使った料理
鮭.バター(乳製品)ジャガイモには脳活性に必要な成分が含まれています。
鮭に粉をつけすぎるとベタベタしてしまうので薄く全体につけ、表面に色つけていきます。
レモンとディルは飾りですが、一緒に食べるとさっぱりするので試してみてください!

他の料理は下記をクリックりしてご覧いただけます
 ↓
脳活性料理 目次


PAGE TOP