脳活性料理「さつまいもの春巻き揚げ」produced by KATAYAMA

2016.04.21

心の安定を図る脳内物質として注目されているセロトニンを増やす食事を、調理師メンタルヘルスプロの片山メンタルトレーナーから紹介いただきました。

セロトニンを増やすポイントは、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の摂取です。

脳活性料理 さつまいもの春巻き揚げ

・材料

・サツマイモ
・春巻の皮
・バニラアイスクリーム

・作り方
①サツマイモを蒸すか茹でて火をいれます。それを皮をむきボウルにいれほぐします。
②春巻の皮に、サツマイモを棒状にし巻いていきます。
③②を170℃の油で色がつくまで揚げる。アイスクリームと一緒に盛ったら完成

※今回はサツマイモを使ったデザートです。サツマイモには炭水化物とビタミンb6が多く含まれています。
トリプトファンは乳製品のアイスクリームに含まれています。
サツマイモを使ったため中はホクホクに、外は春巻の皮でパリパリにしました。
シナモンなどで味をかえても美味しいです。


PAGE TOP