脳活性料理「ささみとパプリカのパスタ」 produced by KATAYAMA

2016.03.24

心の安定を図る脳内物質として注目されているセロトニンを増やす食事を、調理師メンタルヘルスプロの片山メンタルトレーナーから紹介いただきました。

セロトニンを増やすポイントは、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の摂取です。

脳活性料理 ささみとパプリカのパスタ

・材料

・パスタ 100㌘
・パプリカ 4分の1ずつ
・ササミ 2本
・ニンニク 1個
・とうがらし

・作り方
①パスタを茹でるためのお湯を用意し、塩大さじ2を入れます。
②パプリカは3ミリ間隔に切ります。スライスササミは筋をとりミキサーなので細かくします。
フライパンを温めオリーブオイルをいれ、みじん切りにしたニンニクと唐辛子を入れ、香りがでるまで炒めたら、ささみを入れ、色がついたら茹で汁をいれます。
この時パプリカも一緒にいれ5分煮込みます。
③②に①をいれからめて盛り付けます。

※炭水化物はパスタ、ビタミンB6はパプリカ、トリプトファンはササミを使用しました。
パプリカは少し煮込んだほうがパスタに味がからみやすいです。



PAGE TOP