脳活性料理「冷製ライスヌードル」produced by KATAYAMA

2016.05.05

心の安定を図る脳内物質として注目されているセロトニンを増やす食事を、調理師メンタルヘルスプロの片山メンタルトレーナーから紹介いただきました。

セロトニンを増やすポイントは、トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物の摂取です。

脳活性料理 冷製ライスヌードル

・材料

・ライスヌードル
・とりのササミ 1本
・赤たまねぎ 4分の1
・トマト 2分の1
・エシャロット 少々
・白ワインビネガー
・赤黄色パプリカ 4分の1
・ブイヨン
・パクチー
・豆苗

・作り方
①トマト.パプリカを5ミリの角切りにする。エシャロットはみじん切りにしてあわせ、白ワインビネガーと塩こしょうで味を整える。
②ブイヨンを水で濃さをかえて冷やす。
③赤たまねぎはスライスして水にさらす。ササミは火をいれてほぐす。
④ライスヌードルを茹でたら冷やして①③で盛り付ける。上にパクチーと豆苗を盛る

※皆さんフォーを食べたことがあると思いますが、今回は夏や暑くなったら時の為に冷製を考えました。
ヘルシーでさっぱり脳活性のよい食材を使っています。
レモンやナンプラーなどいれても美味しいと思います。


他の料理は下記をクリックりしてご覧いただけます
 ↓
脳活性料理 目次


PAGE TOP