認知行動療法実践~偏った考えに苦しめられたら…~

2013.11.13

こんにちは、講師の石山ですもみじヒヨコもみじ

今日は知り合いの娘さんが通っている、高校の文化祭だそうです。 芸術の秋は、まだまだ続きますねアート映画

 

さて、本日6月生水曜日・11時-13時のクラスでは、 認知行動療法の実践の中でも「考え方傾向認識変える」 ところに取り組んで戴きました。

 

自動思考観察帳をつけたり、日常の中でのストレスの瞬間を、 自覚することによって考え方(認知)の偏りに気づいたら、 偏りのパターンをご紹介していますので、どれかに当てはまっているか、 検討してみます目サーチ

 

そして、当てはまっていることが分かりましたら、

「その認知は、事実に裏付けられた正しい考なのかはてなマーク

代わりの見方があるかはてなマーク

「この認知が正しいとするならば、そう考えるメリットはてなマーク

などについて、自分自身に問いかけながら分析するのですひらめき電球

すると、新しい別の考が浮かんで来ます。

 

この時のポイントとして、「不快な感情を和らげ、ストレスを軽くする新しい別の考えとしてはどんなものがあるかな」と考えながら、 自分への問いかけをすること。

そうすると、客観的な考え方を身につけられるようになります。

 

実践では毎回、セルフカウンセリングの時間を設けていますので、 自動思考観察帳を見るのでもいいですし、思い出して戴きながらでも いいですので、

ストレスを感じた出来事についてありありと思い出して戴く (いつ、どんな状況のどんな場所で、誰と居た時にはてなマークなどなど…)

ストレスを感じた時の感情を捉えて戴く (数値化すると、どのぐらいかはてなマーク

不快な感情を強く感じた時の考えを捉えて戴く

■それをどのぐらい、信じているかを考える (数値化すると、どのぐらいかはてなマーク

これを繰り返し、ストレス時の自分について明確になったところで、 新しい別の考えが出来るように、問いかけをしていって戴きます。

 

いつも、この実践はこの手順で、しっかりと取り組んで参りますので、 その都度、納得しながらスキルの定着を図れますよラブラブ

次回以降も、頑張って参りましょうねグーメラメラ

 

IMG_1543-2

 


PAGE TOP