気になるあの人への関わり方を学びませんか?

2014.03.08 15:00

石川千鶴学院長が、山形県の障害者相談支援センター主催の元、講演会を開催しました。

【開催場所】
  鶴岡市総合保健福祉センター
 山形県鶴岡市泉町5番30号

【日時】
 2014年3月8日 ≪13時ー15時≫

【参加人数】
 100名

【テーマ】
 気になるあの人への関わり方を学びませんか? 

【講演内容】
「話していることが理解できない。」
「私の気持ちが伝わらない。」
「気持ちを受け入れて良い関係を作りたい。」と考えている方に、
個性・価値観について、心理テストなど4つのワークを通じて、
気づき・認識していただきました。
その後、気になる方との上手なコミュニケーション方法について、
6つのワークを通じてスキルを身につけ、
最後は、
コミュニケーションのよるストレス解消法のDVDを視聴していただきました。

100名以上の市民の方が参加くださり、
また、8名もの手話の方がいらっしゃるという障害者相談支援センターならではの
障害者に優しい環境のなかでの開催となりなります。
講演会で身につけたスキルを活かして、
気になる方と積極的な関わりができ、
ストレスのない対人関係を築いていただきたいと思います

2014年3月10日 山形新聞に掲載

 新聞 004

 


市民の100名超の方がご参加


講師・石川千鶴が挨拶中


山形新聞に掲載されました


全て内容が手話で説明




続きを見る

ストレスのない職場にするコミュニケーションスキル

2013.10.07 20:30

石川千鶴学院長が、岩手県の社会福祉法人 遠野市社会福祉協議会主催の元、講演会を実施しました。

【開催場所】
 社会福祉法人 遠野市社会福祉協議会
 岩手県遠野市松崎町白岩字薬研淵1-3
 http://www.iwate21.net/tono-syakyo/

【日時】
 2013年10月7日 ≪18時ー20時≫

【参加人数】
 150名

【テーマ】
ストレスのない職場にするコミュニケーションスキル

【講演内容】
前半は、コミュニケーションと何をしている状態か、どうしてうまくいかないことがあるのかを、コニュニケーションの謎を解き明かしました。
中盤は、参加の皆さんに、個人でコニュニケーションのくせを認識するグループワークや、グループワークを行っていただき、後半は、コミュニケーションのよるストレス解消法のDVDを視聴していただきました。
講義、個人ワーク、グループワーク、DVD視聴を取り混ぜながら進め、参加者の方には、耳・目・体をフル活用しながらスキルを習得いただきました。
即、職場で実践していただける内容となっておりましたので、是非、今日からご活用いただきたいと思います。

社会福祉法人 遠野市社会福祉協議会 佐々木様のご挨拶


コミュニケーションについて講義


コミュニケーションの伝え方について自分の特徴に気づくグループワークを実施


コミュニケーションの理解の仕方・感じ方について自分の特徴に気づく個人ワークの状況を発表


社会福祉法人 遠野市社会福祉協議会の職員の皆様、熱心に聴講



続きを見る

メンタルヘルスシンポジウム「ハートフルライフDAY」

2013.07.21 18:30

ハートフルライフカウンセラー学院主催、日本推進カウンセラー協会協賛の元、

「ハートフルライフDAY」を7月20日に開催致しました。

 

【開催場所】
  ハートフルライフカウンセラー学院・新宿校

 【日時】
 2013年7月20日 ≪13時ー17時≫

【参加人数】
 80名

 

1、プログラム1

講師:学院長石川千鶴

「ストレスはなくならないと、考えていませんか。」   心が作られるメカニズムを知ってストレス解消

 脳の仕組みによるストレスタイプや、ストレスケア方法として「セロトニントレーニング」について講義しました。
 セロトニントレーニングは、3か月後に効果が現れはじるそうです。
 毎日少しずつ取り組んでくださいね。

 

IMG_1186-1

 IMG_1187

 

2、プログラム2
◆講師:日本推進カウンセラー協会認定 認知行動療法士・佐藤淑恵

  認知行動療法
を活用したカウンセリング実践デモ

 

IMG_1193-1

 

3、プログラム3

◆講師:日本推進カウンセラー協会認定 心理カウンセラー 
              女優・生稲晃子

 今、初めて明かされる  女優として芸能界で活躍しながら「私がカウンセラーになったワケ」

 

IMG_1214-1

 

4、プログラム4

講師:日本推進カウンセラー協会認定 心理カウンセラー・高橋裕康

  カウンセリングの学びで起業する心得

 

IMG_1204-1

 



続きを見る

対話力・相談力のエキスパートに向けた実践

2012.03.04 19:24

石川千鶴学院長が、千葉県庁主催の千葉県福祉・介護人材確保対策事業についての講演を行いました
本講演は、厚生労働省が2009年6月に施行した「福祉・介護人材確保対策について」の事業の一環として、千葉県
主催の元、実施しました。
ファシリテーターは、加東カウンセラーが務めました。

【開催場所】
千葉県  長生村文化会館
厚生労働省
福祉・介護人材確保対策について


対話力・相談力のエキスパートに向けた実践
 
前半は、職場でのカウンセリング基礎知識として、心の病気の判断方法(精神障害の診断・統計の手引書<DSM>などを活用)や、「うつ病」、「統合失調症」について説明しました。
後半は、3名1グループで、傾聴の実践練習を行なっていただきました。 実践練習では、オウムがえし、応答、要約などの日常会話ではあまり
使わない傾聴技法を行なうことに戸惑っていましたが、習得に向けて 一生懸命取り組まれていました。
セミナーの最後には、今年度の全セミナー(7回)に参加いただいた方 に、修了書をお渡しいたしました。 
講演受講生のご意見は、下記に掲載しております 。

受講生の声<アンケート結果>
・仕事だけではなく、プライベートでも活用できる知識やテクニックを学べて、とても参考になった。

・研修の受講は、精神的な安定を図るため大変有効だった。心の安定が持続できるものになった。
・講演に参加することをきっかけに、心の問題に取り組む機会となった。カウンセリングを身につけて、自分にも周囲にも役立てていきたい。
・うつ病、統合失調症の詳しい症状について、初めて知ることができた。周りに治療中の方がいるので役立てたい。
・うつ病、統合失調症について、詳しい症状や改善方法が理解できた。今後のケアに役立てたい。
・実践演習があったので、職場でも使えそうです。

石川学院長が心の病気について講義中


傾聴の実践演習中。加藤カウンセラーがチェックしています。


今年度の7回のセミナーに全て参加いただいた方に修了証を授与


続きを見る

対人関係を楽にするコツ!~認知行動療法を活用して~

2012.02.07 19:01

石川千鶴学院長が、千葉県庁主催の千葉県福祉・介護人材確保対策事業についての講演を行いました
本講演は、厚生労働省が2009年6月に施行した「福祉・介護人材確保対策について」の事業の一環として、千葉県
主催の元、実施しました。
ファシリテーターは、加東カウンセラー、内藤カウンセラーが務めました。

【開催場所】
千葉県南総文化ホール     
厚生労働省「
福祉・介護人材確保対策について

対人関係を楽にするコツ! ~認知行動療法を活用して~

まず、日常生活において対人関係が難しいと感じる理由を、認知行動療法を用いて解説しました。

その上で、自分を上手に表現するスキルについて数種類の実践ワークを取り組んでいただき、対人関係を楽にするコツを身に付けていただきました。

講演受講生のご意見は、下記に掲載しております 。

 

受講生の声<アンケート結果>
 

・コミュニケーションのとり方や、考え方は人によって違うということを改めて実感させられた。
・自分の考えを押し付けてはいけない、人には話さないと伝わらないことがわかった。
・私は否定的になりがちでしたが、これからはものごとを肯定的に捉え、周囲に対して攻撃的ではなく、受け入れる気持ちで話すように心がけたい。
・自分を変えないといけないことはよく聞いていたが、今回は、具体的に視点の変え方がわかった。「自分のことを好きな人だったら何て言うだろう」と考えながら視点を変えることは、これから実践したい。
・対人関係に不安があったので、話が聴けてよかった。
・いつもネガティブだったが、初めて見直す点が変わった。
・自分自身は変えることができる。そして視点を変えてみることによって、コミュニケーションが変わることがわかった。
・コミュニケーションのとり方で悩みがあったので、とても勉強になった。
・日常生活に密着した話でわかりやすかった。
・認知行動療法をもっと勉強してみたい。
・興味深い話で有意義だった。2時間は短い。もっと長く話してほしかった。 

関連記事:加東えりなカウンセラー





続きを見る


PAGE TOP