「空気が読めない」と言うのも「発達障害」?

2012.05.30

辛いことばっかで、やってられない毎日を生きていくために

さて、今回は「広汎性発達障害」についての話をしていきましょう。

皆さんは「発達障害」と言うと、何を思い浮かべるでしょうか?

…「学習障害」と「自閉症」を浮かべる方が多いのでは。

実は「普通に生活している普通の人」にも、「発達障害」の人はいます。

学生時代には成績優秀だったけれども、社会に出てから『生きづらさ』を感じている方は、

もしかしたら「広汎性発達障害」を持っている可能性も無いとは言えません。

例えば・・・。

「遠まわしにお断りしたつもりなのに、しつこくデートの連絡をしてくる」

「たとえ話をしただけなのに、すぐに真に受けてしまう。」

「『いつもと違うやり方』に順応できず、ルーチンな作業ばっかりやりたがる」

「空気が読めず、相手の気持ちを考えない言動を繰り返す。」

他にも…。

「いつも指やペンを回すなど、落ち着かない」

「考えるより先に体が動くから、職場でミスばっかりしている。」

「注意力が足らずに、いっつもつまらない失敗をする」

今挙げたような症状のある方、周りに一人や二人は居るんじゃないでしょうか?

前者は「アスペルガー障害」

後者は「ADHD」

とそれぞれ呼ばれている発達障害の、典型的な症状です。

だから、そういう人はもしかすると、発達障害である…と言う可能性も否定できません。

ただ、覚えていてほしいのは、

『「広汎性発達障害」であると言うことは、悪いことばかりではない』

と言うことです。

「自分の症状と上手く付き合って、幸せな家庭を気づいている人も多い」

「症状が、本人にとってプラスに働くことも多い」

と言う人も大勢います。

事実、ベートーヴェン始め、多くの偉人の中にも、広汎性発達障害と思わしき人物は居ます。

なので、テレビやラジオで半端に得た知識を振りかざして、

『自分の気に入らない人間=発達障害』

なんて考えないでください!

「アスペルガー」「ADHD」と言う言葉が、いじめや差別の言葉として使われたら…。

正直、この記事書いてく気力がなくなっちゃいます。

さて次回から少しずつ、具体的な内容について触れていきますが…。

これで、読む人の『生きづらさ』が少しでも解消してくれたり、

周りの『不注意な人』『付き合いづらい人』『空気が読めない人』と上手に付き合ってくれるようになってくれたら幸いです。

勿論、症状の改善にも非常に効果がある、『認知行動療法』を受けてくれたら、もっと幸いです。

それでは、次回また会いましょう。

※ただし、『これこれこう言う症状がある。私って発達障害ですか?』

と言うメールを送ってこられても、残念ながらお答えできません。

…誤解されることも多いけど、僕たちカウンセラーは、精神科医とは違って法律上『診断』は出来ないんです。

『診断』を必要とされる方は、近くの心療内科を受けてくださいね★

次回の説明会は

日時: 6月2日(土)

時間: 12時30分~13時30分

場所: 新宿校第一教室 (新宿野村ビル48F)

こちら からお申込みください☆2ご参加お待ちしておりますスマイル

認知行動療法で高い実績を誇る

ドキドキハートフルライフカウンセラー学院 ドキドキ

6月は、カウンセラー養成講座を3クラス開講します。

 E-mail:hc@heartfullife.jp  TEL:03-4590-7659

【営業時間】

 月曜日~土曜日(祝日省く) 9:00-21:00

ドキドキハートフルちゃんドキドキの部屋はこちら からご覧いただけます ランキングに参加しておりますキラキラ

クリック頂けますと幸いですラブラブ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

にほんブログ村

厚かましいお願いですが、こちらもクリック頂けますと励みになりますラブラブ

人気ブログランキングへ

ハートフルライフカウンセラー学院 Facebookページも宣伝

PAGE TOP