【恋愛心理学】いませんか?こういう勘違い男。

2012.09.16

認知行動療法で高い実績を誇る ハートフルライフカウンセラー学院

実に恋愛とは難しきもの。 ほれたはれたは世の定め。

想わぬ者には想われて。 想う人には想われず。

…と、くだらない前ふりは置いときまして(笑)

今回は、こんな「勘違い男」の話をしましょう。

後でクイズもありますので、皆さんも解いてみてください。

ここに、Aさんと言う女性が居ます。

彼女は大手商社で働く24歳で魅力的な女性です。

2年間付き合っている彼氏がおり、いまだにラブラブです。

…しかし、ここにBさんと言う男が職場に現れました。

彼はバイトとして雇われたそうで、36歳で独身。

外見は「お察しください」…と言うレベルです。

そんなBさんが最近、Aさんに猛アプローチをかけてきます。

例えば、

「最近色々大変じゃない?○○のこととかさ。もう24歳なんだし。」

と心配するふりして不安を煽ってきて、

「困ったときは、いつでも俺の胸に飛び込んできて」と言うメールを送ってくる。

周りに、「俺はAさんと付き合うことになりました!先週は○○に行きました!」と、有ることないことを吹き込む。

挙句の果てには、プロポーズを(一方的に)されて断ったら、

「今は恥ずかしいんだろ?ちゃんと待っててやるから。」

などと言い出す始末。

あまりの粘着ぶりに何度も注意をしましたが、Bさんはアプローチ(客観的には『ストーキング』ですが…。)を辞めません。

…さて、ここで問題です。

Q、Aさんは何がきっかけで、Bさんに惚れられたのでしょうか?

…想像できましたか? では、答えを言います。

それは、「Aさんが帰国子女で、長いこと海外で生活をしていたから」です。

…え、これだけでは分からない?

ですよね(笑)

なんでこれがBさんと言う疫病神を引き寄せたかと言うと…。

海外に行ったことがある方ならご存知だと思いますが、海外の人は「じっと相手の目を見て話す」ことが多いものです。

…勘のいい方は、これで分かったと思います。

そう。 Aさんも海外の文化に慣れていたので、Bさんと話すときにもジッと相手の目を見たのです。

その時Bさんは、

「俺のことをじっと見つめるなんて…。きっと俺のことが好きなんだ」

と、『自動思考』が働いたのでしょう。

(ネットや本屋で売られている『恋愛マニュアル』に、『女は、好意のある男の目をジッと見るものである』と書いてあり、それを読んで勘違いしたのかもしれません。)

…つまり、ここで言いたいことは一つ。

「文化や考え方の違いが、思わぬトラブルを呼ぶことになる。」

と言うことと、

「カウンセリングや相談を行う際、相手の印象だけでなく、文化的背景や家族構成、認知機能などもしっかりアセスメント(査定)をしておく。」

と言うことです。

…あれ、二つになっちゃいましたね(笑)

彼女が「帰国子女」と言う前提を知らないで相談を受けていると、印象だけで、「どうせAさんは男に媚びるタイプなんでしょ」

なんていうレッテル貼りをしてしまいかねません。 なので、相手のことを「知ろう」と思うことが大事なのだと思います。

本当は、こういうBさんのような方にこそ認知行動療法を受けてほしいのですが…。

Aさんのような方が受けても、多少は我々も助けになれると思います。

…では、最後に余談を少々。

もしBさんに対してAさんが、

「あたし、子宮の病気になっちゃったみたい…。このままじゃ、赤ちゃん産めなくなっちゃうかも…。だから、手術代50万円用意して?」

と言ったらどんな反応をするのでしょうか?

これに対する答えで、Bさんが「Aさんが好き」だったのか「『彼女』と言う役割を持つ存在が欲しかっただけ」なのか分かるのではないか…とも思います。

それでは、またお会いしましょう。

認知行動療法で高い実績を誇る

ドキドキハートフルライフカウンセラー学院 ドキドキ

 E-mail:hc@heartfullife.jp  TEL:03-5321-6180

【営業時間】

 月曜日~土曜日(祝日省く) 9:00-21:00

10月生は、

新宿校は、3クラス(水曜・水曜夜・土曜日クラス

横浜校は、クラス(日曜日クラス

を開講します。

ランキングに参加しておりますキラキラ

クリック頂けますと幸いですラブラブ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

にほんブログ村

厚かましいお願いですが、

こちらもクリック頂けますと励みになりますラブラブ

人気ブログランキングへ

ハートフルライフカウンセラー学院


PAGE TOP