うつ病になりやすい職場とは?

2012.11.28

認知行動療法で高い実績を誇る ハートフルライフカウンセラー学院

さて、今回は「うつ病」について説明しましょう。

一般的に「うつ病」が多いとされる職場とは、どのような職場だと思いますか?

この場合、『職場の人間関係』を考慮の対象に含めないならば、2つの共通点があります。

一つは言うまでもないでしょうが、「残業時間」です。

日本における労働時間は世界各国と比較しても非常に多いです。

例えば以前、シンガポールで働いていた方からこんな話を聞いたことがあります。

「この間、新しく入った女性社員に二日連続で、8時まで残業してもらった。そうしたらその子は泣いてしまって、会社を辞めてしまった。」

日本では、8時まで残業することは珍しいことでもなんでもないでしょうが、ほかの国ではこのようなことが割と頻繁に起こります。

しかし、残業時間が多くともうつ病になる人が少ない職場と言うものもあります。

・・・例えば大学の教授や助教授などは、月の残業時間が200時間を超えることがありますが、うつ病の発症率はそれほど高くはありません。

これは、うつ病になりやすい職場の条件の一つに「裁量権」が含まれているからです。

即ち、「自分で考えて、自分のスケジュールで行動できる」自由度が高い職場は、多少残業時間が多くともうつ病になる確率は低くなります。

逆に、自分で物事を決められずに、一方的に与えられた仕事をこなしたり、数字に追われ続けるままに仕事を進めていくような職場の場合は、うつ病の発症率が高くなります。

なので、もしもあなたが管理職で部下を抱える仕事に有る場合は…。

出来る限り部下の方々に裁量権を与えるようにし、「自由に仕事をさせる」形にすれば、うつ病になる確率が下がると思います。

認知行動療法で高い実績を誇る ハートフルライフカウンセラー学院

認知行動療法で高い実績を誇る

ドキドキハートフルライフカウンセラー学院 ドキドキ

 E-mail:hc@heartfullife.jp  TEL:03-5321-6180

【営業時間】

 月曜日~土曜日(祝日省く) 9:00-21:00

12月生は、

新宿校は、3クラス(水曜・木曜(夜)・土曜クラス

横浜校は、クラス(金曜・金曜(夜)クラス

を開講します。

ランキングに参加しておりますキラキラ

クリック頂けますと幸いですラブラブ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

にほんブログ村

厚かましいお願いですが、

こちらもクリック頂けますと励みになりますラブラブ

人気ブログランキングへ

ハートフルライフカウンセラー学院


PAGE TOP