• トップページ
  • ブログ
  • 新しい別の考えにより、ストレスを軽減させる方法~認知行動療法・「別の考え」について~

新しい別の考えにより、ストレスを軽減させる方法~認知行動療法・「別の考え」について~

2013.05.22

こんにちは、講師の石山ですチューリップオレンジハチ

今朝は玄関を出たら、たまたま目の前を、モンシロ蝶が2羽と 黄色の蝶が、ヒラヒラと踊るように飛んで来て、とても綺麗でしたラブラブ

さて、本日12月生水曜日11時-13時のクラスでは、認知行動療法実践の「考えを変える」ことに取り組んで戴きました。

考え方(認知)にはパターンがあります。

物事を見る時に「白か黒か」と両極端の見方をする“全か無か思考”、 「~しなくてはいけない」と自分を追い込む“すべき思考”などなど…

パッと頭に浮かぶ考えを「自動思考」と言いますが、 まずはこの自動思考がどのように偏っているのかを探ることから、 考え方パターン認識をしていきますサーチ

ちなみに私は昨日、主人が食事後の食器を洗わずに寝てしまい、 「いつも私が洗っているプンプン」と思って怒り出しそうになりましたが、 よく考えると「いつも」ではなく、主人が洗ってくれる時もあります。

一つか2つの出来事を「すべてこうだ」と思ってしまう認知の偏りは、

一般化のしすぎ”です。

認知行動療法を身につけていると、私の例のように、日常生活でも、 ハッ!!知の偏りに気づくことができ違う考え方をすることで、 些細なことでイライラすることなく穏やかにあれますよチョキキラキラ

授業では、まずセルフカウンセリングに取り組んで戴き、 ストレスな出来事があった時のを明らかにして戴きますメモ

認知行動療法で高い実績を誇る ハートフルライフカウンセラー学院

この認知の傾向を認識できたら、その認知が妥当なのかはてなマーク、 本当に正しい考えなのかはてなマークを分析して戴きます。

そして、別の見方・客観的な見方が出来ないかを考えて戴くのです。

最初は難しいかもしれませんが、認知のパターンごとに、 どのようにして、違う視点から考え方を変えていけばいいのか、 丁寧にご説明しております。

納得しながらご理解戴けると思いますビックリマーク ご家庭でもぜひ、「自動思考観察帳」などを使って取り組んでみて下さいね。

認知行動療法で高い実績を誇る ハートフルライフカウンセラー学院

認知行動療法で高い実績を誇る

ドキドキハートフルライフカウンセラー学院 ドキドキ

 E-mail:hc@heartfullife.jp  TEL:03-5321-6180

【営業時間】

 月曜日~土曜日(祝日省く) 9:00-21:00

6月生は、

新宿校は、クラス(水曜・木曜(夜)・土曜クラス)

横浜校は、クラス(日曜クラス)

を開講します。

ランキングに参加しておりますキラキラ

クリック頂けますと幸いですラブラブ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

にほんブログ村

厚かましいお願いですが、

こちらもクリック頂けますと励みになりますラブラブ

人気ブログランキングへ

ハートフルライフカウンセラー学院


PAGE TOP