• トップページ
  • ブログ
  • ”考え方の偏り”にはパターンがあります~認知行動療法の実践に沿って見てみましょう~

”考え方の偏り”にはパターンがあります~認知行動療法の実践に沿って見てみましょう~

2013.07.09

こんにちは、講師の石山ですヒマワリハチ

母の知人の方が、夏物の洋服をたくさん送って下さいました。 今年の衣替えは、ウキウキしながら行いましたニコニコ音譜

さて、本日2月生火曜日・13時-19時のクラスでは、 認知行動療法の実践で「考え方の傾向を認識し、変えること」について、 取り組んで戴きました。

前回の授業で、ストレス出来事slice of time で特定することが出来、 その時の感情や感情の強さなどを明らかに出来ましたので、 “考え”について、しっかりと特定する練習をして戴いたのです。

なぜかと申しますと、自分にとって健やかな生活をするには、

自分の中に起こっている“考え”=“自動思考”を捉え、 ↓

その“考え”が自分にどのように影響しているのか理解すること、 ↓

そして“考え方(認知)のパターン”へ対策を立てる必要があるのです。

偏った認知のパターンには、幾つか代表的なものがあります。

例えば、物事を白か黒か、1か0かと両極端に見る「全か無か思考」や、 良くない出来事が起こると全て自分のせいにする「個人化」など…

受講生さんも「私はよく怒ることが多いのですが、それは…」など、 心当たりのある考え方の傾向が見つかったようでしたサーチ

認知行動療法で高い実績を誇る ハートフルライフカウンセラー学院

認知の偏り”が、自分を苦しめていることに気がついたら、 それを変えていく方法に取り組んで戴きます。

こちらも、考え方のパターンに従ってコツがあります。

全か無か思考」に対してはこのように客観的な見方をする、とか、 「個人化」に対しては…と、どのようにすれば楽になれるのか、 お伝えしておりますメガネラブラブ

ご理解戴けたら、さっそくカウンセリング実践ビックリマーク

認知行動療法で高い実績を誇る ハートフルライフカウンセラー学院

考えを変えていくことは、右利きを左利きに変えるぐらい、 時間がかかりますが、一度コツが分かれば、必ず前向きに、 考えを変えていけるようになりますグッド!キラキラ

今後の実践も、頑張って参りましょうね。

認知行動療法で高い実績を誇る ハートフルライフカウンセラー学院

認知行動療法で高い実績を誇る

ドキドキハートフルライフカウンセラー学院 ドキドキ

E-mail:hc@heartfullife.jp  TEL:03-5321-6180

【営業時間】

 月曜日~土曜日(祝日省く) 9:00-21:00

8月生は、

新宿校は、クラス(火曜・火曜(夜)・土曜クラス)

を開講します。

ランキングに参加しておりますキラキラ

クリック頂けますと幸いですラブラブ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ にほんブログ村

こちらもクリック頂けますと励みになりますラブラブ宜しくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

ハートフルライフカウンセラー学院


PAGE TOP