”質問”の重要性とは…?~本日のカウンセリング実践から~

2013.04.10

こんばんは、講師の石山ですてんとうむしクローバー

10月生水曜日13時-15時クラスの受講生の皆様、

同じく10月生水曜日19時-21時クラスの受講生の皆様、

本日は修了おめでとうございますキラキラ

今後もラブラブハートフルライフカウンセラー学院ラブラブで学ばれたことを活かし、

ますますご健闘されますことを、お祈りいたしております。

さて、本日12月生11時-13時のクラスでは、後半で長めの時間を取り、

来談者中心療法によるカウンセリング実践に取り組んで戴きましたビックリマーク

受講生の皆さんを拝見し、私が本日もっとも強く感じたことは、

傾聴技法の”質問”が本当にお上手になったな~目キラキラ

ということ。

カウンセリングにおける”質問には、2種類あります。

それは、

①:閉じた質問「はい」「いいえ」で答えられる質問) と、

②:開かれた質問(クライエントが自由に答えられる質問)

です。

②の「開かれた質問」というのは、例えば、

「どのようなところから、そう思われますかはてなマーク」とか、

「その時は、どんなお気持ちになりましたかはてなマーク」とか。

私は日頃、受講生さんには、②の「開かれた質問」に、

積極的に取り組んで戴くようにグー、授業でお伝えしています。

というのも、受講生さんの中には、

「こんなことを聴いたら、クライエントに失礼かもしれない…雨

「こんなことを聴いていいのかどうか解らない…台風

と不安になって、ひたすらうなづき・あいづちだけに徹しようとする方が、

たまに見受けられるからです。

傾聴の姿勢に徹して戴くことは、とっても大切なことOK

けれど、それだけではクライエントさんの問題解決・改善には結びつきません。

積極的にクライエントさんに関心を寄せ、解らないことを見つけて欲しいんですね。

そのためには、とにかくどんどん、質問をして戴きたいんです。

実践演習ですから、「こんなことを聴いていいのかどうか…」なんて、

不安に思う必要はありませんパーニコニコ

その質問が、適切かどうかはてなマークそれとも、適切でない質問なのかはてなマーク

については、講師がきちんとフィードバック致しますのでご安心下さい。

…という姿勢で取り組んできて戴いたおかげで、受講生さんは、

本当に質問がお上手になりましたキラキラと本日感じました。

今後もこの調子で、頑張って参りましょうね!

認知行動療法で高い実績を誇る ハートフルライフカウンセラー学院

認知行動療法で高い実績を誇る

ドキドキハートフルライフカウンセラー学院 ドキドキ

 E-mail:hc@heartfullife.jp  TEL:03-5321-6180

【営業時間】

 月曜日~土曜日(祝日省く) 9:00-21:00

GW集中講座を、

新宿校にて、4月27日~5月2日

開講します。

4月生は、

新宿校は、クラス(水曜・水曜(夜)・土曜クラス

を開講します。

6月生は、

新宿校は、クラス(水曜・木曜(夜)・土曜クラス

横浜校は、クラス(日曜クラス

を開講します。

ランキングに参加しておりますキラキラ

クリック頂けますと幸いですラブラブ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

にほんブログ村

厚かましいお願いですが、

こちらもクリック頂けますと励みになりますラブラブ

人気ブログランキングへ

ハートフルライフカウンセラー学院


PAGE TOP