逐語記録とチェック表で、カウンセラースキルの確認を!

2013.09.04

こんにちは、講師の石山ですわんわん足あと

本日は6月生に引き続き、4月生水曜日13時-15時のクラスも 担当いたしましたラブラブ

 

本日の授業では、まずは逐語記録実践に取り組んで戴きました。

 

逐語記録は、カウンセラーが自分の実践を振り返り、 心の専門家として資質向上を図るためにとても大切な作業です。

どんなに実践を重ねても、なかなか自身を客観的に見たり、 異なる見立てをしたりするのは難しいですよねショック!あせる

そんな時、逐語記録を作成すれば、面接が文字として記録に残り、 検討の俎上に乗せることが出来ますし、よりベテランのカウンセラー (スーパーバイザー)から意見やアドバイスも貰えます王冠1

 

実は講師の私の方にも、提出して戴いた逐語記録を拝見し、 細かい点についてアドバイスを差し上げるのですが、逐語記録に書かれている「カウンセラーの自己評価欄メモ」を見て、 受講生さんがどんなことを考えて応答質問をしたかがよく分かり、 より具体的な点についてアドバイスがしやすくなるというメリットがあります音譜

皆様にとっても、全員のカウンセリングがつぶさに観察でき、 それを自分の成長材料に出来ることは、少人数制である ラブラブハートフルライフカウンセラー学院ラブラブならではですね。

 

後半は、カウンセラースキルチェックに取り組んで戴きました。

入学されてから早いもので、半年近くが経とうとしていますが、今のご自身の傾聴のスキル、自己開示の程度、感情コントロールなどはいかがでしたかはてなマーク

かなり詳しく、ご自身を分析されて、今後の目標を立てている方、「そう言えば当たっている部分も…ひらめき電球」と振り返り伸ばして生きたい点について考える方と、有意義に取り組んで戴き、またお互いについて知ることが出来て、楽しかったですねニコニコ

逐語記録の作成も、本日のカウンセラースキルチェックの結果も、自身のカウンセラースキルの更なるレベルアップの機会として活用し、 心のケアのプロキラキラを目指していって下さいね!!

 

IMG_0333(1)

 


PAGE TOP