カウンセリング用語

  • お役立ちコラム
  • カウンセリング概論
  • 心理学・理論・療法
  • 心の病気
  • ストレス
  • 自己理解・心理アセスメント

お役立ちコラム

アルコール依存症

アルコール依存症とは、飲酒によるアルコールの摂取から得られる精神的、肉体的な薬理作用に強くとらわれ、お酒を飲む量や飲む時間、飲む状況を自分でコントロールできなくなる精神疾患である。アルコール依存症は、薬物依存症のひとつであり、脳に異常が起きて飲むことをやめられない状態のことをいう。

 

【アルコール依存症の症状】
摂取行動
日常行動の合間に飲酒をし、「目が覚めては飲み、飲んでは眠る」というパターンを繰り返す病的飲酒。初期は短期間でこれを繰り返すが、徐々に延長するよういなる。

 

探索行動
飲酒の渇望が探索行動に現れる。
隠れ飲み、酒代のための借金、飲酒を妨害する人を責める・脅すといった行動がみられ、日常生活が飲酒中心になり、飲酒優先の生活になる。

 

 

【アルコール依存症による影響】
退薬症状
アルコール連続飲酒を中断する、飲酒間隔の延長、飲酒量の減少することによって退薬症状が現れる。不眠、悪夢、動悸、発汗、吐き気、頭痛、腹痛、筋肉の硬直や痙攣発作などの神経症状、幻視、幻聴 などがあげられる。退薬症状は個人によって差があるが、生命に危険を及ぼすほど深刻な状態になることもある。


合併症
胃炎、膵炎、膵石、肝炎、肝硬変、心筋症、末梢神経炎、小脳変性症、前頭葉機能障害、糖尿病、貧血などの合併症を引き起こす。また、アルコ―ル依存症患者には、うつ病や反社会性パーソナリティ障害など他の心の病気を合併しているケースが多くみられる。


社会生活への障害

アルコール依存症によって家族関係が悪化し家庭崩壊が起こったり、症状が進行すると、職を失って経済的困窮へ繋がるなど社会生活上の問題が生じる。飲酒優先の生活になるため、借金を重ねたり盗みをする場合もあり、その結果、対人関係が悪くなり、社会から孤立していくことになる。


家族への影響 

アルコール依存症の本人だけでなく、その家族へも精神的な苦痛を生じさせることがある。
アルコール依存症者に対する怒りや恨み、また「うつ状態」になるケースも多い。

 

 

【アルコール依存症の治療】
精神療法と、必要に応じて薬物療法が行なわれる。

精神療法としては、認知行動療法が取り入れられるようになっている。
認知行動療法では、これまでのお酒に対する考え方や価値観といった認知を見直し、これからの行動や生活を改善していく。
アルコール依存症患者本人が「認知のかたより」を自覚することで、断酒を継続する目的や、飲酒を防ぐ方法などについて考えを深めていくことができるようなるため、治療に効果がある療法だといわれている。
薬物療法では、まず、断酒へのモチベーションを高めるための抗酒薬が使用があげられる。
また、心の問題が合併している場合は、抗うつ薬や精神安定剤が用いられたり、例えば不眠を伴っている場合は睡眠薬の服用等、症状をケアするための薬物投入が行われる。
また、症状に進行により、入院治療と通院治療の2種類で治療が行われ、アルコールによって身体的な状態が悪化している場合や精神的に不安定で自殺のリスクが考えられる場合は入院治療が行われる。

 

 

【女性に多いアルコール依存症】
近年、女性のアルコール依存症が増えている
女性の場合、習慣的に飲酒をするようになると、男性よりアルコール依存症になりやすいといわれている。
この明確な原因は分かっていないが、体のしくみの違いが関係していると指摘されている。男性に比べ、女性は血中のアルコール濃度が高くなりやすいため、依存症が進行しやすいと考えられている。
また、女性ホルモンがアルコールの分解を妨げることも指摘されていて、女性の方が体質的に依存症に陥りやすい傾向があるといえる。
その他、摂食障害との合併が多いことが考えられている。
摂食障害の90%以上は女性であり、患者数も近年急増しているが、摂食障害者がアルコール依存を伴うことがあることも女性のアルコール依存症が増えている要因のひとつと考えられる。


心の病気


PAGE TOP