カウンセリング用語

  • お役立ちコラム
  • カウンセリング概論
  • 心理学・理論・療法
  • 心の病気
  • ストレス
  • 自己理解・心理アセスメント

お役立ちコラム

エゴグラム【交流分析】

エゴグラムとは、交流分析の自我状態である5つの機能「CP」・「NP」・「A」・「FC」・「AC」をどんなバランスで作動させているか、チェックする性格分析テストです。
デュセイが考案しました。

CP【Controlling Parent】
厳しい心。自分の価値観を正しいものと信じて譲らず、責任を持って行動し、他人に批判的である。この部分が低いと、ルーズな性格になる。
NP【Nurturing Parent】
優しい心。愛情深く、他人を思いやって行動し、世話好きで保護的で親切である。この部分が低いと、冷淡な性格になる。
A【Adult ego state】
論理的な心。現実を重視しており、知的で計算力が高く、聡明で頭脳明晰で合理的である。この部分が低いと、非合理的な性格になる。
FC【Free Child】
自由奔放な心。明るく好奇心旺盛でユーモアがあり、わがままで自己中心的である。この部分が低いと、閉鎖的で暗い性格になる。
AC【adapted child】
協調的な心。他人からの評価を気にし、言いたいことを言わずに我慢してしまい、従順で遠慮がちである。この部分が低いと、マイペースな性格になる。

デュセイが考えたのは、直感で行うエゴグラムです。
具体的には、帯グラフに、自分で一番使う機能状態を一番高く書き、次に一番使わない機能状態を一番低く書きます。それ以外の機能は感覚的に帯に高さを決めます。
このやり方は、性格を現すのに適しているとの評価が高く、質問紙法が開発されました。
TEG 東大式エゴグラム(金子書房)という、質問に答え、点数化するテスト方式です。

エゴグラムをやることで、客観的な視点での自己理解が深まります。
エゴグラムの結果のグラフをみて、高いところは態度や行動に出やすい、いつも用いている機能で、低いところはあまり用いていない、開発の余地のある機能となります。




心理学・理論・療法


PAGE TOP