ストレスチェック制度

労働安全衛生法の一部改正によりにストレスチェック制度が2015年に義務化されます。

ストレスチェック制度とは、従業員数50人以上のすべての事業所で、労働者の心理的な負担の程度を把握するための、心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)を実施することを事業者の義務となります。

ストレスチェック制度が検討されたのは、
・職業生活で強いストレスを感じている労働者の割合は高い状況で推移
・精神障害の労災認定件数が3年連続で過去最多を更新していることである

ストレスチェック制度の目的は
・一次予防を主な目的とする(労働者のメンタルヘルス不調の未然防止)
・労働者自身のストレスへの気付きを促す
・ストレスの原因となる職場環境の改善につなげる ことからです。

2015年12月までに施行される予定です。


ストレスチェック項目等に関する専門検討会こちらをクリックしてご覧いただけます。
 【厚生労働省

«

»