カウンセリング用語

  • お役立ちコラム
  • カウンセリング概論
  • 心理学・理論・療法
  • 心の病気
  • ストレス
  • 自己理解・心理アセスメント

お役立ちコラム

ストレス

ストレスとは、生体が外部から物理的、心理的、社会的にいろいろな刺激を受けて緊張、歪みの状態を起こすと、これらの刺激に順応、適応しようとして防衛反応が起こる反応のことです。

ストレスには、身体に変化が起こる場合(身体化)心に変化が起こる場合(情動化)行動に変化が起こる場合(行動化)がある。

(1)身体化
身体症状
・肩こり、倦怠感、疲労感、頭痛、動悸、めまい、下痢、食欲不振、睡眠障害

身体疾患
(a)器質障害:消化性潰瘍、気管支喘息
(b)機能性障害:偏頭痛、過敏性腸症候群

(2)情動化(心理反応)
情動症状
・不安、緊張、過敏、焦燥、抑うつ、気力低下

精神疾患
・不安障害、気分障害

(3)行動化
・行動様式の変化、ギャンブル、アルコール依存、出社困難、仕事上のミス、作業効率低下



なお、ストレスの原因となる刺激のことをストレッサーいう。

ストレス


PAGE TOP